「第40回橘秋子賞」特別賞は斎藤友佳理、優秀賞に米沢唯

128

第40回橘秋子賞の受賞者が決定し、特別賞に斎藤友佳理、優秀賞に米沢唯が選出された。 

斎藤友佳理

斎藤友佳理

大きなサイズで見る(全2件)

米沢唯

米沢唯

橘秋子賞は、公益財団法人橘秋子記念財団がバレエ芸術の優秀な成果を表彰する賞。斎藤は、東京バレエ団の芸術監督としてレパートリーの洗練度を高めたことや、勅使川原三郎の新作「雲のなごり」を上演し新たな世界を拓いたことが評価された。また、2010年に新国立劇場バレエ団に入団し、2013年からプリンシパルを務める米沢は、卓越した技術と的確な演技、バレエ団の主軸としての存在感を示した功績が認められた。

特別賞の受賞者には賞金100万円、優秀賞の受賞者には50万円、さらに副賞としてクリスタル盾が両者に贈られる。なお今回の第40回では、伊地知優子、うらわまこと、山野博大、三谷恭三が選考委員を務めた。授賞式は5月14日に行われる予定だが、新型コロナウイルスの影響により延期の可能性がある。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク