ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

2年ぶりの「キンプリ」開幕、橋本祥平「お客様に入っていただいて初めて100%に」

93

舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」囲み取材より。左から涼野ユウ役の廣野凌大、鷹梁ミナト役の五十嵐雅、香賀美タイガ役の長江崚行、如月ルヰ役の横田龍儀、一条シン役の橋本祥平、脚本の青葉譲、太刀花ユキノジョウ役の横井翔二郎、十王院カケル役の村上喜紀、西園寺レオ役の星元裕月。

舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」囲み取材より。左から涼野ユウ役の廣野凌大、鷹梁ミナト役の五十嵐雅、香賀美タイガ役の長江崚行、如月ルヰ役の横田龍儀、一条シン役の橋本祥平、脚本の青葉譲、太刀花ユキノジョウ役の横井翔二郎、十王院カケル役の村上喜紀、西園寺レオ役の星元裕月。

舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」が、昨日2月20日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで開幕。これに先がけてゲネプロと囲み取材が行われた。なおこの記事には作品内容に触れる記述や舞台写真が掲載されているので、ネタバレを避けたい読者は注意してほしい。

本作は、2017年に上演された舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」に続く、舞台「KING OF PRISM」の第2弾。第1幕では劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」とテレビアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」の間に開催されたストリートデュオ大会「KIDUNA climax」を題材とした、青葉譲書き下ろしのオリジナルストーリーが展開する。

劇中では、仁科カヅキと大和アレクサンダー、一条シンと如月ルヰら7組がデュオを組み、プリズムショーを披露。また、おなじみの「プリズムアフレコ」やお風呂シーン、アニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」を想起させるシーンも盛り込まれた。

第2幕では、「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」で描かれた大会「PRISM.1」が繰り広げられ、キャストたちは個性豊かな歌とダンスでソロショーを披露。また今作では“応援上演”の形式を採用しているため、舞台両袖のランプが点灯するシーンでペンライトの使用や発声が可能となっている。

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、キャスト陣と脚本の青葉が登壇した。一条シン役の橋本祥平は、舞台「KING OF PRISM」が約2年ぶりに上演されることに触れ、「この2年間で多くの作品を経験して成長した反面、あの頃のきらめきを失いかけていないか心配なところもありましたが、今回改めて見つめ直すことができました。今作はライブパートが盛りだくさんなので、皆さんと一緒に精一杯楽しみたいです!」と挨拶する。今作より新たにキャストに加わった如月ルヰ役の横田龍儀は「最初は不安がありましたが、温かいメンバーが支えてくれて、今は初日が楽しみです。応援上演は初めての経験で、面白い観客の方がいると聞いたので、笑わないように集中しつつ楽しみたいと思います」とコメントした。

太刀花ユキノジョウ役の横井翔二郎は「ビジュアル撮影をするときにも、キャストのみんなが各々キャラクターを理解して、愛しているのが感じられました」と回想し、香賀美タイガ役の長江崚行は「舞台上でも前より目が合うようになったり、みんなの成長を肌で感じました」と感慨を述べる。続く十王院カケル役の村上喜紀は「お客さんが2年間で溜まったエネルギーを劇場に持ってきてくださると思うので、そのエネルギーに負けないようがんばりたいと思います」と意気込んだ。

鷹梁ミナト役の五十嵐雅は「リアルにプリズムショーを体感できる、舞台ならではのライブ感が見どころです。まだまだきらめきを補充できます!」と熱く語理、西園寺レオ役の星元裕月は「お客様に両手を広げて、心を広げて、プリズムのきらめきを受け取っていただけるよう、キャスト・スタッフ一丸となってがんばっていきます」と目標を掲げる。そして涼野ユウ役の廣野凌大は「僕らは『キンプリ』に対して、“好き”を通り越して“愛”に変わっているんです。2年前はその愛を、僕らなりにがむしゃらに伝えましたが、今回は成長して、愛の伝え方もさまざま。その愛を全力でハグしに来てください!」と観客に呼びかけた。

「“青葉譲役”の菱田正和です!」と自身の別名義を交えて挨拶した青葉は、「お話をいただいたときはすごく忙しかったんですが、2年前の打ち上げで『青葉さん!』ってちやほやされたことが忘れられなくて、またちやほやされたいと思って書いちゃいました(笑)」とジョーク交じりに振り返る。青葉は「今回はかなり自由度の高い脚本を書きました。自由度が高いということは、ある意味で僕とキャストさんたちの戦いでもあるんですが、通し稽古を観た感じでは、完全に僕が負けるくらい素晴らしい。あとはお客さんとの戦いになると思うので、存分に戦ってもらいたいなと思います。見どころは、全部です」と言葉に力を込めた。

また劇中のお風呂シーンについて問われると、橋本は「前作で僕が“ほぼ真っ裸”になったのですが、その姿を見たほかのキャストたちにも火がついてしまい……(笑)。正直稽古場ではハプニングだらけでしたが、計算して調節して、皆さんに観ていただける状態に持ってきました」と解説。最後に橋本は「お客様に入っていただいて初めて100%になる作品です。一緒に最後まで面白い作品を作ってくださると幸いです」と呼びかけた。

公演は2月20日から3月1日まで。また、舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」のBlu-ray / DVD、CD「舞台『KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-』Prism Song Album」が、6月26日にリリースされることも決定した。

舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」

2020年2月20日(木)~3月1日(日)
東京都 TOKYO DOME CITY HALL

脚本:青葉譲
演出:宇治川まさなり
音楽:石塚玲依

キャスト

一条シン:橋本祥平
神浜コウジ:小南光司
速水ヒロ:杉江大志
仁科カヅキ:大見拓土
太刀花ユキノジョウ:横井翔二郎
香賀美タイガ:長江崚行
十王院カケル:村上喜紀
鷹梁ミナト:五十嵐雅
西園寺レオ:星元裕月
涼野ユウ:廣野凌大
大和アレクサンダー:spi
高田馬場ジョージ:古谷大和
如月ルヰ:横田龍儀
池袋エィス:小林竜之
氷室聖:栗田学武
法月仁:前内孝文
黒川冷:及川洸

田中会長:佐久間祐人

アンサンブル:梅津大輝、佐藤一輝、竹井弘樹、宮越大貴、小林駿太

※2020年2月28日追記:2月27日(木)以降の公演は、新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ /「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」製作委員会2020

ステージナタリーをフォロー