劇団民藝が創立70周年記念にゴーリキーの「どん底」上演、戦後の東京舞台に

225

劇団民藝「どん底―1947・東京―」が、4月9日から19日まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演される。

劇団民藝創立70周年記念「どん底―1947・東京―」チラシ表

劇団民藝創立70周年記念「どん底―1947・東京―」チラシ表

大きなサイズで見る(全9件)

マキシム・ゴーリキー原作の「どん底」は、同劇団で創立10周年、40周年の節目に上演されてきた演目。今回は創立70周年を記念し、吉永仁郎の脚本で、舞台を戦後の東京に移して送る。

敗戦から2年、空襲によって焼かれたビルの半地下に行き場のない人々が暮らしていた。インテリの桃沢、商売女のみどり、仕立て屋の宮本、特攻上がりの尾形……皆、戦争によって人生を狂わされた者たちばかり。そこへ、正体不明の老人・仁科がやって来る。住人たちは彼の説く希望の言葉に心を揺さぶられるのだが……。

吉永は「1947年、ボクは17歳だった。だから戦後の混乱をよく記憶している。政治に関心はあったけれど、あのころは家計を支えるので精一杯だった。登場人物の1人、闇屋はボク自身の体験でもある。戦前、戦中、戦後を人々はいかに生きのびたか。どう生きていかなければならなかったか。帝政ロシア末期と時代は違うけれど、ちょうどゴーリキーの『どん底』にあてはまると思い、その構造を借りた次第である」と、脚本の意図をコメントしている。

劇団員の丹野郁弓が演出を担い、日色ともゑ、森田咲子、杉本孝次、佐々木梅治、千葉茂則、齊藤尊史、大中耀洋らが出演する。チケットの一般販売は2月26日にスタート。

この記事の画像(全9件)

劇団民藝創立70周年記念「どん底―1947・東京―」

2020年4月9日(木)~19日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

原作:マキシム・ゴーリキー
脚本:吉永仁郎
演出:丹野郁弓
出演:日色ともゑ、細川ひさよ、庄司まり、森田咲子、野田香保里 / 杉本孝次、佐々木研、佐々木梅治、千葉茂則、境賢一、横島亘、齊藤尊史、吉田正朗、本廣真吾、平野尚、大中耀洋

※2020年4月2日追記:本公演は新型コロナウィルスの影響で延期になりました。

全文を表示

関連記事

劇団民藝のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団民藝 / 丹野郁弓 / 日色ともゑ / 庄司まり / 杉本孝次 / 境賢一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします