ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

木ノ下歌舞伎「三人吉三」がプレイハウスへ、出演に内田朝陽ら

275

木ノ下裕一

木ノ下裕一

木ノ下歌舞伎「三人吉三」が5月から6月にかけて東京・東京芸術劇場 プレイハウスで上演される。

木ノ下歌舞伎「三人吉三」は、木ノ下裕一が監修・補綴、杉原邦生が演出・美術を手がけ、2014年にKYOTO EXPERIMENTで初演された作品。翌2015年には東京芸術劇場が若手演劇団体と提携して行う芸劇eyes公演として東京芸術劇場 シアターウエストに登場し、読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされた。

今回は木ノ下が再補綴に取り組み、杉原が引き続き演出を担当。出演者には内田朝陽大鶴佐助、千葉冴太、山田由梨小日向星一、山崎果倫、緑川史絵、森田真和、田中佑弥高山のえみ武谷公雄みのすけ篠山輝信緒川たまき村上淳が名を連ねた。なお上演時間は、休憩含む約5時間30分を予定している。

東京芸術劇場公演は5月30日から6月1日、6月4日から7日まで行われ、チケットの一般販売は3月7日10:00にスタート。また6月には、長野・まつもと市民芸術館公演も実施される。

東京芸術劇場Presents木ノ下歌舞伎「三人吉三」

2020年5月30日(土)~1日(日)、6月4日(木)~7日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2020年6月
長野県 まつもと市民芸術館

作:河竹黙阿弥
監修・補綴:木ノ下裕一
演出・美術:杉原邦生
出演:内田朝陽大鶴佐助、千葉冴太 / 山田由梨小日向星一、山崎果倫、緑川史絵、森田真和、田中佑弥高山のえみ武谷公雄 / みのすけ篠山輝信緒川たまき村上淳

※山崎果倫の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー