本作から“明日を生きる力“を得て、「信長の野望-炎舞-」再演がスタート

677

剣舞プロジェクトによるミュージカル「信長の野望-炎舞-」の再演が、本日1月18日に東京・IMAホールで開幕した。

生演奏ミュージカル「信長の野望-炎舞-」より。

生演奏ミュージカル「信長の野望-炎舞-」より。

大きなサイズで見る(全11件)

生演奏ミュージカル「信長の野望-炎舞-」舞台挨拶より。

生演奏ミュージカル「信長の野望-炎舞-」舞台挨拶より。[拡大]

生演奏ミュージカル「信長の野望-炎舞-」より。

生演奏ミュージカル「信長の野望-炎舞-」より。[拡大]

本作は、コーエーテクモゲームスの歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」シリーズを原作とした生演奏ミュージカル。脚本・演出を剣舞プロジェクトの栗原彰文、音楽を印南俊太朗が手がけ、出演者には徳山秀典鷲尾修斗小泉萌香、引地志歩、筒井咲惠、田野優花らが名を連ねている。

開幕に際し栗原は「日本に生きる人達が、日本のルーツの1つを描いた我々の舞台を見て、”明日を生きる力”を得ていただく事を目標に頑張ります」とコメントしている。上演時間は途中休憩15分を含む約2時間45分で、公演は1月22日まで。

栗原彰文コメント

時代劇ミュージカルというジャンルをつくり5年が経ちました。
企画、台本、役者、作曲、演奏者が各々研鑽を重ね、ついに完成を迎えています。
この「信長の野望」という世界に誇る原作を、自信を持って舞台化し、お届けします。
日本に生きる人達が、日本のルーツの1つを描いた我々の舞台を見て、”明日を生きる力”を得ていただく事を目標に頑張ります。

この記事の画像(全11件)

生演奏ミュージカル「信長の野望-炎舞-」

2020年1月18日(土)~22日(水)
東京都 IMAホール

原作:コーエーテクモゲームス
脚本・演出:栗原彰文
音楽:印南俊太朗
出演:徳山秀典鷲尾修斗小泉萌香、引地志歩、筒井咲惠、田野優花、岩崎孝次、崎嶋勇人、西泰平、栗原彰文 ほか

※一部Wキャスト。

全文を表示

関連記事

徳山秀典のほかの記事

リンク

(C)コーエーテクモゲームス / (C)ミュージカル「信長の野望-炎舞-」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 徳山秀典 / 鷲尾修斗 / 小泉萌香 / 田野優花 / 庄田侑右 / 山本侑平 / 金津裕也 / 印南俊太朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします