「イノサンmusicale」武田航平が2月のパリ公演を降板

878

2月9日に行われる「イノサンmusicale」のフランス・パリ公演を、武田航平が降板することがわかった。

これは本日12月11日に公式サイトでアナウンスされたもの。サイトには武田の降板について「主催のスケジュール調整が至らず、やむを得ず降板となりますことをご報告いたします」と記された。パリ公演は予定通り実施され、武田の代役や、パリ公演ツアーに申し込んでいる観客へのキャンセル・払い戻し対応については、追って公式サイトで発表される。

昨日12月10日まで日本公演が行われていた本作は、18世紀フランスを舞台に実在の死刑執行人を描いた、坂本眞一のマンガ「イノサン」シリーズを舞台化した作品。脚本を横内謙介、演出を宮本亞門が手がけるほか、出演者には中島美嘉、古屋敬多(Lead)らが名を連ねている。

「イノサンmusicale」

2019年11月29日(金)~12月10日(火)※公演終了
東京都 ヒューリックホール東京

2020年2月9日(日)
フランス パレ・デ・コングレ・ド・パリ

全文を表示

関連記事

武田航平のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 武田航平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします