裃-這々「満ちて溢る」2チーム・Wキャスト、2会場で上演

21

裃-這々(かみしもはいはい)「満ちて溢る 上池袋編」が、本日11月23と明日24日に東京・くすのき荘、「満ちて溢る 目黒編」が12月7・8日に東京・rusuで上演される。

裃-這々 #6「満ちて溢る」チラシ表

裃-這々 #6「満ちて溢る」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

2017年に旗揚げされた裃-這々は、早稲田大学公認サークル・劇団てあとろ50’出身の加糖熱量とアイマル・ハコによる創作ユニット。“誰かの中に、痒みを伴う小さな傷を、そこにある息遣いに乗せて”を標語に掲げ、作品を発表している。

今回は2017年に上演した「満ちて溢る」を、2チーム・Wキャスト、2会場で上演する。脚本・演出を加糖が担当。怪獣チームの出演者にはアイマル・ハコ、ジョナサンズのさいとう篤史、ワレワレハの佐倉もち、恐竜チームの出演者には演劇企画ヱウレーカの荒井ミサ、ヨカセイカツのいとういちまつ、武島龍児が名を連ねた。

この記事の画像(全2件)

裃-這々 #6「満ちて溢る」

「上池袋編」

2019年11月23日(土)・24日(日)
東京都 くすのき荘

「目黒編」

2019年12月7日(土)・8日(日)
東京都 rusu

脚本・演出:加糖熱量

キャスト

怪獣チーム:アイマル・ハコ、さいとう篤史、佐倉もち
恐竜チーム:荒井ミサ、いとういちまつ、武島龍児

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします