ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

さらば青春の光・森田の主演ドラマ、脚本に山田能龍・玉田真也ら

53

「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」メインカット (c)関西テレビ

「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」メインカット (c)関西テレビ

10月24日深夜にスタートする関西テレビのドラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」の脚本担当者と“喪女”のキャストが発表された。

「猪又進と8人の喪女」は、森田哲矢(さらば青春の光)が主演と脚本監修を務め、岡崎紗絵納谷健、小寺真理、森脇健児山本浩之が出演するドラマ。脚本を山田ジャパンの山田能龍、竹村武司、玉田企画の玉田真也、渡辺佑欣が2話ずつ手がける。

またオーディションで選抜され“喪女”役には、うらじぬの未来、東野絢香、富山えり子横内亜弓辻凪子、畦田ひとみが名を連ね、8話の“喪女”役のみ現在シークレットとなっている。

森田は「“監修”とは言っていただいていますが、この面々が書いたものが面白くないわけがないですよね。第1話からクライマックスでびっくりするような展開があります。そんな大展開が、各話それぞれにあるので、『今回はどうなるんやろ?』って思いながら見ていただきたいです」と視聴者にメッセージを送った。

森田哲矢(さらば青春の光)コメント

本当に個性的な喪女のエピソードが揃っています。実際に「自分は喪女です」という方にお話を聞くことができたんですが、本当に面白かったですね。ある意味「なるほどな」と思う部分もあり、そこで聞いた要素もうまく脚本に入れていただいています。“監修”とは言っていただいていますが、この面々が書いたものが面白くないわけがないですよね。第1話からクライマックスでびっくりするような展開があります。そんな大展開が、各話それぞれにあるので、「今回はどうなるんやろ?」って思いながら見ていただきたいです。

喪女役についても、どの回も、めちゃくちゃ個性的な女優さんが登場します。撮影しながら、それぞれの役者さんがめちゃくちゃ面白くて、「やりすぎ!」っていうくらい体当たりで臨んでくれているので、毎日笑わせてもらっています。ドラマとして極端に描いている部分もありますし、“喪女”っていうと、クセがあるとか、ネガティブに思われがちなんですが、でも、どこかに「あぁ、なんか分かるなぁ」って思ってもらえる要素があると思います。まずはバラエティーを見るような感覚で気軽に楽しんでもらえたら嬉しいですね。

関西テレビ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」

2019年10月24日放送開始(毎週木曜24:55~25:25放送)

出演者

森田哲矢(さらば青春の光)、岡崎紗絵納谷健、小寺真理、森脇健児山本浩之

第1話「超ネガティブ喪女」黒木恵子役:うらじぬの(脚本:玉田真也
第2話「サブカルイキリ喪女」灰原ゆり役:未来(脚本:玉田真也)
第3話「生き物としゃべれる喪女」神宮寺紫音役:東野絢香(脚本:竹村武司)
第4話「決められない喪女」楠間藍役:富山えり子(脚本:山田能龍
第5話「完璧主義喪女」茶川裕子役:横内亜弓(脚本:渡辺佑欣)
第6話「コスプレ喪女」クロービー役:辻凪子(脚本:竹村武司)
第7話「箱入り喪女」紺之宮紅葉役:畦田ひとみ(脚本:山田能龍)
第8話「好き避け喪女」(脚本:渡辺佑欣)

ステージナタリーをフォロー