根本宗子「プレイハウス」開幕、ギャンパレと磯村勇斗が新たな“遊び場”で対峙

754

PARCOプロデュース「プレイハウス」が昨日8月25日に東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて開幕。これに先がけ同日、囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

大きなサイズで見る(全17件)

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。[拡大]

根本宗子が作・演出を手がける「プレイハウス」は、GANG PARADE磯村勇斗がW主演を務めるミュージカル。歌舞伎町の風俗店・プレイハウスを舞台とした本作では、GANG PARADEのメンバー10人全員が風俗嬢役を演じ、磯村が歌舞伎町ナンバー1ホストの一ノ瀬聖夜役を務める。なおGANG PARADEメンバーは活動名と同名の役を演じる。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。ヤママチミキ演じるヤママチミキ。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。ヤママチミキ演じるヤママチミキ。[拡大]

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。[拡大]

物語の軸となる役どころを担うヤママチミキは、思っていることを口に出すのが苦手なミキのもどかしさを繊細に表現し、ソロパートではエモーショナルな歌声を響かせる。一方、磯村は容姿端麗であらゆる女性からモテるが、どこかミステリアスな一面を持つ聖夜をクールに演じた。

また、挙動のおかしなアードリアン役の栗原類、ナンバー1の座を狙う派手好きな関西人ホスト・紀美野太陽役の鳥越裕貴、常に何かに憤慨している風俗店店長・永山役の富川一人、頼りなさげな風俗店の常連客・田中役のブルー&スカイ、ヤママチミキの心の声を代弁する“リトルヤママチミキ”役の猫背椿と、個性豊かな面々が脇を固めている。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。[拡大]

劇中では、「GANG PARADE」「GANG 2」といったGANG PARADEのナンバーと物語がリンクし、東京ゲゲゲイ・MARIE振付によるパフォーマンスがバックバンドの生演奏に乗せて展開されていく。作詞を根本、“rap詞”をヤママチ、作曲を松隈ケンタが手がけたアップテンポな新曲「Wake up Beat!」にも注目だ。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」フォトセッションより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」フォトセッションより。[拡大]

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、根本、GANG PARADE、磯村が登壇。根本は開幕に際し、「私はミュージカル初挑戦で、GANG PARADEは初舞台、磯村さんも初ミュージカルと、“初めてづくし”のメンバーで作りました。GANG PARADEの曲と物語がリンクする、お祭り感のあるジュークボックスミュージカルに仕上がっています」と自信をのぞかせた。

カミヤサキは「初挑戦の舞台は、エンタテインメントについて改めて考える機会になりました。一人でも多くの方の心を動かせたら」と真摯に述べる。ヤママチは「今までやったことがない経験ができるチャンスをいただけてありがたい。今後の活動に生かしていきたいです」とコメントした。

ココ・パーティン・ココは、「(演劇のことは)右も左もわからなかったので、すべてが新鮮。アイドル好きな方も、舞台好きの方にも観ていただきたいです」とアピール。ユイ・ガ・ドクソンが稽古の苦労について「この数週間、日々、死んで、生まれて、死んで生まれての繰り返しで……」と発言すると、周りからは「死んではいない!(笑)」と総ツッコミが入った。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。[拡大]

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。[拡大]

さらにユメノユアは「根本さんと素敵な俳優の皆さんのおかげで、日々楽しく勉強させていただいています」、キャン・GP・マイカは「『アイドルってこんなにすごいんだ』『ヤベえなこいつら!』って思ってもらえるよう、観客の皆さんの度肝を抜きたいです」、テラシマユウカは「普段は決まったメンバーでライブをしていますが、今回『プレイハウス』限定のメンバーでお届けできる貴重な機会なので、楽しんでいきたいです」と意気込む。

そして月ノウサギは「私たちのコンセプトは“みんなの遊び場”なので、新たな“遊び場”を作り上げることが本当に楽しいです」、ハルナ・バッ・チーンは「今年の夏を『プレイハウス』で締めくくることができてとてもうれしい」、ナルハワールドは「稽古での1つひとつの出来事が新鮮でした。楽しい作品を届けられたら」と、それぞれ心境を語った。

磯村勇斗

磯村勇斗[拡大]

「初ミュージカルということで、挑戦の場をいただけてワクワクしています」と期待を口にする磯村は、役作りについて「実際に歌舞伎町の有名なホストクラブに行き、現役のホストの方々にお会いしたりして、役を作っていきました」とエピソードを明かす。さらに、「今回、僕も歌わせていただくシーンがあるので、楽しみにしていただけたら」と観客に呼びかけ、「夏フェスに行くような感覚で遊びに来てください!」と囲み取材を締めくくった。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」ゲネプロより。[拡大]

上演時間は途中休憩を含む約2時間45分。東京公演は9月1日まで行われ、9月28日には大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

なおステージナタリーでは、「プレイハウス」特集を展開中。根本と磯村、そして松隈がお互いの創作についてや、ギャンパレとその楽曲の魅力を語り合っている。

この記事の画像(全17件)

PARCOプロデュース2019「プレイハウス」

2019年8月25日(日)~9月1日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2019年9月28日(土)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

作・演出:根本宗子
音楽:GANG PARADE
出演:GANG PARADE(カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ユイ・ガ・ドクソン、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ハルナ・バッ・チーン、月ノウサギ、ナルハワールド)/ 磯村勇斗 / 栗原類鳥越裕貴富川一人ブルー&スカイ猫背椿

使用楽曲

・「Wake up Beat!」(※書き下ろし新曲)
・「GANG PARADE」
・「GANG 2」
・「LAST」
・「Close your eyes」
・「Happy Lucky KiraKira Lucky」
・「sugar」
・「正しい答えが見つからなくて」
・「RATESHOW」
・「FOUL」
・「Are you kidding?」
・「Jealousy Marionnette」
・「CAR RADIO」
・「HERETIC」

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

根本宗子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 根本宗子 / GANG PARADE / 磯村勇斗 / カミヤサキ / キャン・GP・マイカ / 栗原類 / 鳥越裕貴 / 富川一人 / ブルー&スカイ / 猫背椿 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします