ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

廣瀬智紀が“別れたい男”演じる、西条みつとし作・演出「HERO」開幕

200

「『HERO』~2019 夏~」より。

「『HERO』~2019 夏~」より。

「『HERO』~2019 夏~」が本日7月31日に東京・ヒューリックホール東京で開幕。これに先駆け同日、公開ゲネプロが行われた。

「『HERO』~2019 夏~」は、作・演出を務める西条みつとしが、自身の劇団・TAIYO MAGIC FILMの旗揚げ公演として2012年に上演した作品を、リニューアルして再演するもの。

主人公の飯塚広樹(廣瀬智紀)は、仕事中に脚にケガを負い入院している。退院を間近に控えているが、見舞いに来た広樹の恋人・木崎浅美(北原里英)の表情はどこか浮かない様子。その理由を広樹の妹である真菜(前島亜美)が尋ねると、浅美は付き合う際に広樹から「2年経ったら別れてほしい」と言われていたことを告白し、間もなくその2年を迎えることを明かす。真菜は2人を別れさせまいと、あらゆる悩みを解決してくれる“レンタル人材代行派遣会社”に仕事を依頼するが……。

リアルな病室のセットが組まれた舞台上では、浅美と別れようとする広樹の真意を巡りながら、個性豊かな登場人物たちによる“ハートフルコメディ”が展開。廣瀬は、広樹のミステリアスさを繊細に表現しながら、広樹の精神世界を表すシーンでは感情をあらわにし、幅のある演技で客席を魅了した。

北原は、広樹と別れたくない気持ちをうまく伝えられない浅美をまっすぐに演じ、前島は広樹と浅美を心配する優しい妹を愛らしく体現。またレンタル人材代行派遣会社の社長役を演じる小松準弥は、部下役の小築舞衣とのコミカルなやり取りで観客を笑わせ、広樹と同室になった何事にもポジティブな患者・若草共武役の今立進は、その恋人を演じる中村涼子とともに、付き合いたての熱いカップルを演じてみせた。本作の上演時間は約1時間40分。公演は8月4日まで。

「『HERO』~2019 夏~」

2019年7月31日(水)~8月4日(日)
東京都 ヒューリックホール東京

脚本・演出:西条みつとし
出演:廣瀬智紀 / 北原里英小松準弥前島亜美小早川俊輔 / 小築舞衣中村涼子、米千晴、小槙まこ、加藤玲大、後藤拓斗、双松桃子 / 飛鳥凛伊藤裕一根本正勝今立進(エレキコミック)
ダンサー:瀬尾千春、二階堂紗織、鶴原文香、結寿

ステージナタリーをフォロー