ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

映画「すみっコぐらし」脚本はヨーロッパ企画の角田貴志

383

劇場アニメーション「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の脚本を、ヨーロッパ企画角田貴志が担当していることが明らかになった。

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は、絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険を描いた作品。監督をまんきゅうが務め、11月8日に公開される。公開に向けて角田は、「すみっコたちが映画になってくれるのか? はじめは少し心配でしたが、みんなで一から考えて、想像以上の冒険……いや、大冒険になりました」と手応えを語っている。

またこのたび、本作の特報とティザービジュアル、および7月12日から全国の劇場でパズルキーホルダー付きの前売り券第1弾が販売されることも発表された。

角田貴志コメント

すみっコたちが映画になってくれるのか? はじめは少し心配でしたが、みんなで一から考えて、想像以上の冒険……いや、大冒険になりました。いつもどおりのすみっコたちを、いつもとちょっとちがうすみっコたちをお楽しみください。

まんきゅうコメント

アニメ業界の「すみっこ」にいる自分が、本作の監督をやらせて頂く運びになり、非常にご縁を感じております。「すみっコ」たちの魅力を原作ファンの皆さんはもちろん、たくさんの方々に伝えられるように、スタッフ一同「すみっコぐらし」と日々向き合っています。公開日を楽しみにしていて下さい!

(c)SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (c)2019 日本すみっコぐらし協会映画部

ステージナタリーをフォロー