ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団鹿殺し約3年ぶりの新作公演「傷だらけのカバディ」に小澤亮太、伊藤今人

139

劇団鹿殺し

劇団鹿殺し

劇団鹿殺し「傷だらけのカバディ」が11月21日から12月1日まで東京・あうるすぽっと、12月5日から8日まで大阪・ABCホールで上演される。

作を丸尾丸一郎、演出を菜月チョビ、音楽をオレノグラフィティが手がける「傷だらけのカバディ」は、劇団鹿殺しにとって約3年ぶりとなる新作公演。キャストには劇団メンバーに加え、小澤亮太、梅棒 / ゲキバカの伊藤今人が名を連ねた。

物語の舞台は、2030年のとある田舎町。インドの国技・カバディがオリンピックの正式種目になった世界で、人生の主人公になって生きようとするヒーローたちや傷付いた人々の姿が描き出される。劇団鹿殺し公式サイトでの最速チケット先行販売は8月に開始予定。

なお同団体は、6月から劇団鹿殺しRJP名義で、6カ月連続ライブシリーズ「私をメジャーに連れてって」を実施する。ツアー詳細は劇団鹿殺しRJPの公式サイトで確認を。

劇団鹿殺し 新作本公演「傷だらけのカバディ」

2019年11月21日(木)~12月1日(日)
東京都 あうるすぽっと

2019年12月5日(木)~8日(日)
大阪府 ABCホール

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:オレノグラフィティ
出演:丸尾丸一郎、オレノグラフィティ、菜月チョビ、橘輝鷺沼恵美子浅野康之峰ゆとり近藤茶、有田あん、椙山さと美メガマスミ / 小澤亮太伊藤今人 ほか

ステージナタリーをフォロー