ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「カリギュラ」高杉真宙が菅田将暉から寵愛を受ける若き詩人役に

1162

菅田将暉主演「カリギュラ」の追加キャストが発表された。

このたび出演が決定したのは、シピオン役の高杉真宙。シピオンは菅田演じるカリギュラの寵愛を受ける若き詩人で、実父を目の前で殺され、憎しみながらもカリギュラにどこか惹かれるという役どころだ。上演に向けて高杉は、「色々な感情が交差するという純粋なシピオンを、真っ直ぐに舞台上で生きていきたいと思います」と意気込みを語っている。

「カリギュラ」は、フランスの作家アルベール・カミュによる戯曲。今回の上演版では演出を栗山民也が手がけ、菅田のほか秋山菜津子谷田歩橋本淳らが出演する。公演は11月に東京・新国立劇場 中劇場と福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール、12月に兵庫・神戸国際会館 こくさいホールと宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホールにて。チケットの一般販売は今夏開始予定。

高杉真宙コメント

自分にとってどの作品も挑戦し、食いついていかねばと思っているのですが、
このカリギュラという作品で初めて栗山民也さんに演出して頂くということが、嬉しくそして緊張もしています。
初めてのビジュアル撮影で菅田さんの写真を見た時にカリギュラという人間を見る感覚と言いますか。
静けさの中で爆発している様に感じて、自分はどんな風になるのか、どんな風に撮られるかなと楽しみにしていました。
父を殺され、しかし彼に憎しみだけでなく、色々な感情が交差するという純粋なシピオンを、真っ直ぐに舞台上で生きていきたいと思います。

「カリギュラ」

2019年11月
東京都 新国立劇場 中劇場

2019年11月
福岡県 久留米シティプラザ ザ・グランドホール

2019年12月
兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2019年12月
宮城県 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール

ステージナタリーをフォロー