「幽☆遊☆白書」舞台化!幽助役は崎山つばさ、蔵馬&飛影役に鈴木拡樹・橋本祥平

19085

冨樫義博のマンガ「幽☆遊☆白書」の舞台化が決定。舞台「幽☆遊☆白書」のタイトルで、8月から9月にかけて東京、大阪、福岡、愛知の4会場で上演される。

舞台「幽☆遊☆白書」キービジュアル

舞台「幽☆遊☆白書」キービジュアル

大きなサイズで見る(全11件)

「幽☆遊☆白書」は、1990年から94年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された冨樫の代表作の1つ。コミックの累計発行部数は5000万部を越え、92年からはテレビアニメ版が放送された。

御笠ノ忠次が脚本・演出を手がける舞台版には、浦飯幽助役の崎山つばさ、桑原和真役の郷本直也、蔵馬役の鈴木拡樹、飛影役の橋本祥平が出演。コエンマ役には荒木宏文がキャスティングされたほか、雪村螢子役を未来、浦飯温子役を角島美緒、ぼたん役を平田裕香、剛鬼役を新田健太、幻海役をエリザベス・マリーが務める。また舞台化発表に併せて、崎山らメインキャスト5人の扮装姿を収めたキービジュアルも公開された。

公演は8月28日から9月2日まで東京・シアター1010、9月4日から8日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、10日から12日まで福岡・ももちパレス、20日から22日まで愛知・一宮市民会館にて。チケットの先行販売は5月11日11:00から26日23:59まで受け付けられ、一般販売は6月23日10:00にスタート。

※初出時、会場名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全11件)

舞台「幽☆遊☆白書」

2019年8月28日(水)~9月2日(月)
東京都 シアター1010

2019年9月4日(水)~8日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

2019年9月10日(火)~12日(木)
福岡県 ももちパレス

2019年9月20日(金)~22日(日)
愛知県 一宮市民会館

原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」)
脚本・演出:御笠ノ忠次

キャスト

浦飯幽助:崎山つばさ
桑原和真:郷本直也
蔵馬:鈴木拡樹
飛影:橋本祥平

雪村螢子:未来
浦飯温子:角島美緒
ぼたん:平田裕香
剛鬼:新田健太
幻海:エリザベス・マリー

コエンマ:荒木宏文

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

崎山つばさのほかの記事

リンク

(c)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会 (c)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 崎山つばさ / 鈴木拡樹 / 橋本祥平 / 郷本直也 / 荒木宏文 / 冨樫義博 / 御笠ノ忠次 / 未来 / 角島美緒 / 平田裕香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします