“心中もの”を読み解く歌舞伎女子大学「新版歌祭文に関する考察」

97

歌舞伎女子大学「新版歌祭文に関する考察」が、5月10日から12日まで東京・RAFTで上演される。

歌舞伎女子大学「新版歌祭文に関する考察」チラシ表

歌舞伎女子大学「新版歌祭文に関する考察」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

歌舞伎女子大学(かぶじょ)は、古典作品をリミックスし、エンタテインメント作品として立ち上げる団体。約2年半ぶりの新作となる今回は、演目「新版歌祭文」をはじめとする“心中もの”を、キリグス・山内晶の作・演出で読み解く。

なお本公演の一部の日程では、出演者でバリスタの富永瑞木によるオリジナルコーヒー“歌舞珈琲”の販売や、人形劇「かぶじょに出張!かぶこっこ『せつないに関する考察』」の上演も。また初日5月10日19:30回の終演後には、かぶじょの過去作に出演している坂東新悟を招いてのトークも実施される。

この記事の画像(全2件)

歌舞伎女子大学「新版歌祭文に関する考察」

2019年5月10日(金)~12日(日)
東京都 RAFT

作・演出:山内晶
出演:中田麦平渋谷采郁鈴木正也、荒木知佳、堀内萌富永瑞木

全文を表示

関連記事

山内晶のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山内晶 / 中田麦平 / 渋谷采郁 / 鈴木正也 / 坂東新悟 / 堀内萌 / 富永瑞木 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします