ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

戸塚祥太&加藤和樹ら5人のビートルズがBACKBEATで生演奏「ツアーもやりたい」

2909

「BACKBEAT」製作発表より。左から加藤和樹演じるジョン・レノン、戸塚祥太(A.B.C-Z)演じるスチュアート・サトクリフ。

「BACKBEAT」製作発表より。左から加藤和樹演じるジョン・レノン、戸塚祥太(A.B.C-Z)演じるスチュアート・サトクリフ。

「BACKBEAT」の製作発表が本日4月15日に東京・新宿LOFTで行われ、出演者の戸塚祥太A.B.C-Z)、加藤和樹辰巳雄大ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、夏子、鈴木壮麻尾藤イサオ、そして翻訳・演出の石丸さち子が出席した。

「BACKBEAT」は、1994年に公開された映画「バック・ビート」をイアン・ソフトリー監督自身が舞台化した作品。メジャーデビュー前の5人編成だったビートルズを描く本作では、結成時のベーシストであり、21歳で夭折したスチュアート・サトクリフにスポットを当てた物語が展開する。

会見冒頭には、出演者たちの生演奏による楽曲披露が行われた。戸塚扮するスチュアート、加藤扮するジョン・レノン、辰巳扮するジョージ・ハリスン、JUON扮するポール・マッカートニー、上口扮するピート・ベストは、「ワン、トゥー、スリー、フォー!」という加藤の掛け声を合図に、チャック・ベリー「ロックン・ロール・ミュージック」のメロディをかき鳴らす。演奏を終えると加藤が「今日は特別に我らがベースプレイヤー、スチュアート・サトクリフが歌います。アメリカの有名な腰振り名人エルヴィスの名曲、タイトルは恋人はミディアムレアで焼いてグレービーソースを掛けたのが好き、またの名を『ラブ・ミー・テンダー』」とMCを挟み、戸塚が、エルヴィス・プレスリー「ラブ・ミー・テンダー」を情感たっぷりに歌い上げた。

ライブを終え会見のパートに移ると、戸塚は、「すごく興奮しました。初めてバイクにまたがってエンジンを掛けたときのように、自分の中に新しい命が生まれた、みたいな。“バンドが起こすマジック”を初体験してしまった感じがすごくしております。とても楽しかったです」と目を輝かせる。加藤は「演奏、いかがだったでしょうか?」と報道陣に投げかけつつ、「このバンドのグルーヴ、そしてたぎるような若さと情熱を多くの人に届けていきたいです」とにこやかに挨拶をした。

ギターをほとんど弾けない状態から練習をスタートしたと言う辰巳は、「2月くらいからギターのレッスンを始めたのですが、レッスン初日の皆さんの『大丈夫か』というドキドキした顔は忘れられません」と苦笑しながらも、「本番では、ジョージ・ハリスンとしてお客様をドキドキさせます」と宣言する。JUONは、「セリフがある舞台は初挑戦に近いので、みなさんと“get together”しながら、ポール・マッカートーニー役を全力でやっていきたいです」と意気込みを語った。続く上口は、「結成当初のビートルズのリズムを支えた男」と自身が演じる役どころを紹介し、「ピートのように、みんなを後ろから支えていけたら」と目標を掲げる。

スチュアートと恋に落ちる写真家アストリッド・キルヒヘルを演じる夏子は、「初めての舞台でとても緊張していますが、がむしゃらに石丸さんについて行きたいです」と意欲を見せ、のちにビートルズのマネージャーとなるブライアン・エプスタインほか4役を演じる鈴木は、「若者たちのたどった軌跡に寄り添って行きたい」と決意を述べる。ビートルズを雇ったクラブオーナーほかを演じる尾藤は、「皆さんの先ほどの演奏、グーです!」と5人の演奏に太鼓判を押し、さらに自身が1966年のビートルズ来日公演の際に内田裕也らと前座を務めたエピソードを披露して、会場を沸かせた。

石丸は「今、2曲をお聴きいただきましたが、今回の舞台では約20曲を生演奏します」と内容を紹介。さらに「当時ビートルズがライブを重ねたのは、ダーティーでセクシャルな街のクラブ。その中で彼らがピュアさを持って、どう音楽に向き合っていたか。私がこの仕事を始めた動機である一番大事なものが、この作品にはあるんじゃないかと思っていて、その思いを忘れそうになったときに映画版を何度も観返してます」と思いを明かし、会見を締めくくった。

その後行われた囲み取材では、辰巳が「まだ始まってもないですけど、この舞台が終わっても、このバンドメンバーでライブツアーをやりたいなと思いました」と共演者にアピールする。周囲から「今、ソロライブのツアー中ですよね……?」と話題を振られた加藤は、「サプライズ登場? そんなサプライズはウェルカムだけど、いいんですか逆に?(笑)」とニヤリ。さらに周りが「ライブオンリーの『BACKBEAT』もいいね」「CD出すとか」と盛り上がると、辰巳が「僕のグループ、ふぉ~ゆ~って言うんですけど、まだCD出してないのでこっちが先か! メンバーごめんね!(笑)」と叫び、会場の笑いを誘った。

「BACKBEAT」は5月25日から6月9日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウス、6月12日から16日まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、19日に愛知・刈谷市総合文化センター 大ホール、22・23日に神奈川・やまと芸術文化ホール メインホールにて公演が行われる。

「BACKBEAT」

2019年5月25日(土)~6月9日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2019年6月12日(水)~16日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2019年6月19日(水)
愛知県 刈谷市総合文化センター 大ホール

2019年6月22日(土)・23日(日)
神奈川県 やまと芸術文化ホール メインホール

作:イアン・ソフトリースティーヴン・ジェフリーズ
翻訳・演出:石丸さち子
音楽:森大輔

キャスト

スチュアート・サトクリフ:戸塚祥太A.B.C-Z
ジョン・レノン:加藤和樹

ジョージ・ハリスン:辰巳雄大ふぉ~ゆ~
ポール・マッカートニー:JUON(FUZZY CONTROL
ピート・ベスト:上口耕平

アストリッド・キルヒヘル:夏子

ベルト・ケンプフェルト ほか:鍛治直人
トップテンクラブMC ほか:田村良太
クラウス・フォアマン / リンゴ・スター:西川大貴
レーパーバーンの店員 ほか:工藤広夢

ブライアン・エプスタイン ほか:鈴木壮麻
ブルーノ・コシュミダー ほか:尾藤イサオ

ステージナタリーをフォロー