ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「文豪とアルケミスト」開幕、太宰治役の平野良「マンパワーで魅せる演劇」

4411

舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)」公開ゲネプロより。

舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)」公開ゲネプロより。

舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)」が、本日2月21日に東京・シアター1010で開幕。これに先駆けて公開ゲネプロと囲み取材が同日、同劇場にて行われた。

DMM GAMESで配信中のゲーム「文豪とアルケミスト」は、“特務司書”となったプレイヤーと転生した文豪たちが、文学を侵蝕する者と戦い、文学の存在を守る“文豪転生シミュレーションゲーム”。舞台版では脚本をなるせゆうせい、演出を吉谷光太郎が担当し、主題歌「光ノ先へ」の歌唱をROUが務めている。

本作の物語は、太宰治(平野良)が目覚める場面から始まる。太宰、織田作之助(陳内将)、坂口安吾(小坂涼太郎)という無頼派の3人と、太宰の師匠である佐藤春夫(小南光司)が、“この世”での再会をよろこんでいると、太宰の憧れの人、芥川龍之介(久保田秀敏)や、太宰の天敵・志賀直哉(谷佳樹)、志賀と同じ白樺派の武者小路実篤(杉江大志)が現れる。

さらに江戸川乱歩(和合真一)が登場し、“アルケミスト”という存在によって、文豪たちが文学作品を守るために転生したことが明かされる。続いて出現した中原中也(深澤大河)も一緒になって乱歩の話を聞いていると、芥川のとある作品が“侵食者”と呼ばれる敵に侵蝕され始めていることが判明し……。

劇中では、侵食された文学作品の世界に“潜書”した文豪たちが、ステージで所狭しと立ち回りを繰り広げ、それぞれの武器を用いて“侵食者”との熾烈なバトルを展開。平野は文学に対する熱い思いを秘める太宰治を力一杯表現し、精神の浮き沈みが激しい彼の性格をコミカルに演じ切った。このほかのキャストたちも、平野の姿に続くように、文学の世界を守る文豪たちを熱演。アンサンブルキャストは、回転式のセットを操作してスピーディな舞台転換を行ない、文豪たちの敵となる“侵食者”を全身を使って表した。

囲み取材にはキャストから平野、陳内、小坂、小南、深澤、谷、杉江、和合、久保田が登壇。9名は、自身が演じる役どころについて思いを語っていく。江戸川乱歩役の和合は「ストーリーテラー的な役割を担います。妖艶の妖と書いて“妖しい”感じで演じたいです」と意気込み、佐藤春夫役の小南は「(座組に)先輩が多いので、兄貴肌な役を演じるのに苦労しました。そして文豪たちの中で、持っている武器が一番重たいです(笑)」と苦笑いする。続く深澤は「中原中也は酒豪という設定ですが、僕自身はそんなにお酒が飲めません……梅酒なら飲めるんですが(笑)」と茶目っ気たっぷりに話し、「中也は言動が荒々しい役ですが、文豪らしい部分も丁寧に表現できたら」と目標を掲げた。

武者小路実篤について「優しくて、強くて、いい子」と言い表した杉江は「志賀との関係性がお客様に伝われば」と述べ、「アドリブが日に日に増えたらいいですよね(笑)。毎公演“楽しい“を更新していきたいです」と笑顔を見せる。小坂は「太宰治、織田作之助と僕が演じる坂口安吾の3人で無頼派チームです」と紹介すると、「平野良くん、陳内将くんには、稽古場からずっとお世話になっています。仲の良さが伝われば」と2人に視線を送った。志賀直哉役の谷は「演出の吉谷さんや座長の平野くんからアドバイスをいただきつつ、悩みながら稽古しました」と振り返り、「この作品においての『白樺派とは?』に重きを置いて演じようと、気合いが入っております」と言葉に力を込めた。

陳内は織田作之助について「生粋の大阪人で、明るくて、みんなのムードを保とうとするんですが、実は体が弱い。でもそれを見せないようにしているという設定がありまして、そこが出せているかどうか、細かく観ていただければ」とアピール。続けて「演出の吉谷さんは『楽しくも、はかない演劇にしたい』とおっしゃっていました。それを実現できるよう、稽古してきたものを紡いでいけたら」と真摯に語る。そして「本作は芥川が軸になっていると言っても過言ではありません」と明かした久保田は、「芥川の作品が“侵食者”に蝕まれてしまい、文豪たちが本の中に入って戦います。そこでどんな葛藤が描かれるのか、ぜひお楽しみに」と観客にメッセージを送った。

最後に平野が、太宰治について「浮き沈みの激しい“クズ人間”みたいな役です(笑)」と述べると、杉江は「“愛されるクズ”ですね(笑)」とフォローする。これに対し平野は「愛されたいです……フタを開けてみないとわからないところがあるキャラクターなので、(原作ファンから)怒られないか心配です(笑)」と笑いを誘いつつ、「元気いっぱいなクズを演じたいと思います!」とコメントした。

さらに平野は「アンサンブルキャスト含め、マンパワーで魅せる演劇です」と本作を分析し、「物語も文学的で、観ている方にも何かを感じていただける作品になっていると思います。最年長座長ですが、まさかこんな“にぎやかし”の役が来るとは思っておりませんでした(笑)。最後の最後までにぎやかします! 乞うご期待です!」と取材を締めくくった。

本作の上演時間は休憩なしの約1時間50分を予定。東京公演は2月28日まで行われ、3月9・10日には京都・京都劇場で上演される。また8月28日には本公演のBlu-ray / DVDがリリース予定だ。

舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)」

2019年2月21日(木)~28日(木)
東京都 シアター1010

2019年3月9日(土)・10日(日)
京都府 京都劇場

原作:「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)
監修:DMM GAMES
世界観監修:イシイジロウ
脚本:なるせゆうせい
演出:吉谷光太郎
音楽:坂本英城(ノイジークローク)、tak
振付:MAMORU

キャスト

太宰治:平野良
織田作之助:陳内将
坂口安吾:小坂涼太郎
佐藤春夫:小南光司
中原中也:深澤大河
志賀直哉:谷佳樹
武者小路実篤:杉江大志
江戸川乱歩:和合真一
芥川龍之介:久保田秀敏

アンサンブル:佐藤優次池田謙信澤邊寧央多田滉、稲田京也、町田尚規、鈴木祐大、轟大輝

(c)DMM GAMES / 舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

ステージナタリーをフォロー