ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ノゾエ征爾演出の野外劇「我輩は猫である」が池袋で、出演者募集スタート

81

ノゾエ征爾の脚本・演出による「野外劇 我輩は猫である」が、10月に東京・東京芸術劇場 劇場前広場で上演される。

「東京芸術祭2019」の1演目として制作される本作は、夏目漱石の「我輩は猫である」を原作とした野外劇。上演決定に際し、ノゾエは「街の喧騒の中でやるには、少し地味なんじゃないかって? 大きな声を出していけばいい。マイクを使えばいい。ちょっと歌ったり踊ったりしてみればいい。とは言え、それだけではただの変な人だ。そこに何が加えられるかは、参加する方々によるところが多いでしょう」と述べつつ、「ちょっといいもの。を青臭く信じて。やりましょう。是非」とコメントした。

また今回の発表に併せ、出演者オーディションが実施されることも明らかに。募集要項については「東京芸術祭」の公式サイトで確認を。エントリーは本日1月15日から2月6日まで受け付けられる。

ノゾエ征爾コメント

池袋のど真ん中で演劇です。
演目は「吾輩は猫である」。
西口公園が工事中です。その隣で演劇です。
セリフの一言目はおそらく、「吾輩は猫である。」です。
街の喧騒の中でやるには、少し地味なんじゃないかって?
大きな声を出していけばいい。マイクを使えばいい。
ちょっと歌ったり踊ったりしてみればいい。
とは言え、それだけではただの変な人だ。
そこに何が加えられるかは、参加する方々によるところが多いでしょう。
トライ&エラーの稽古の日々。
行き着いた先に見える景色は……、まあ、池袋の喧騒か。
プラス、ちょっといいもの。を青臭く信じて。
やりましょう。是非。

「野外劇 我輩は猫である」

2019年10月上演予定
東京芸術劇場 劇場前広場(予定)

原作:夏目漱石
脚本・演出:ノゾエ征爾
総合ディレクター:宮城聰

ステージナタリーをフォロー