ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

壱太郎が七変化、「お染の七役」への挑戦に「ドキドキ・ワクワク」

570

「お染の七役」全役に扮した中村壱太郎のビジュアル。(写真提供:松竹株式会社)

「お染の七役」全役に扮した中村壱太郎のビジュアル。(写真提供:松竹株式会社)

上演中の「十二月大歌舞伎」昼の部で「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり) お染の七役」に出演中の中村壱太郎から、公演に対するメッセージが届いた。

「於染久松色読販 お染の七役」は四世鶴屋南北の作。質店油屋の娘お染は丁稚の久松と深い仲だが、お染の母・貞昌は店を立て直すため山家屋清兵衛との縁談話を進めている。一方の久松は、実はお光という許嫁がいる武家の子息で、紛失した家宝を探しており……。壱太郎は、油屋娘お染、丁稚久松、許嫁お光、奥女中竹川、芸者小糸、土手のお六、後家貞昌の7役に扮する。

壱太郎は「『お染の七役』への挑戦、ドキドキ・ワクワクすると共に歌舞伎座で主役を勤める責任を強く感じております」と思いを述べつつ、「初日が開いてから自分でも驚いたことなのですが、それぞれの役の切り替えが、衣裳と鬘をつけた自分の姿を鏡で見たとき、一瞬にしてその役の気持ちになっています。これはやってみるまでわかりませんでした」と役に対する実感を述べる。また「お家騒動を背景にさまざまなキャラクターの七役が登場いたします。早替りの演出は勿論のこと舞台展開も早く、踊りの場面もありますので、歌舞伎を初めてご覧になられる方にもオススメの演目です。是非、歌舞伎座の昼の部をご観劇くださいませ!」と来場を呼びかけている。

そのほか、「十二月大歌舞伎」夜の部Aプロでは玉三郎が遊君阿古屋を勤める「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)阿古屋」、尾上松緑市川中車出演による「あんまと泥棒」、中村梅枝中村児太郎が藤の精を勤める「二人藤娘」が、Bプロでは、梅枝と児太郎が阿古屋に挑む「壇浦兜軍記 阿古屋」、松緑と中車の「あんまと泥棒」、そして玉三郎による「傾城雪吉原」が披露される。「十二月大歌舞伎」は12月26日まで歌舞伎座にて。

「十二月大歌舞伎」

2018年12月2日(日)~26日(水)
東京都 歌舞伎座

昼の部

「幸助餅」「於染久松色読販 お染の七役」

夜の部

Aプロ:「壇浦兜軍記 阿古屋」「あんまと泥棒」「二人藤娘」
Bプロ:「壇浦兜軍記 阿古屋」「あんまと泥棒」「傾城雪吉原」

無断転載禁止

ステージナタリーをフォロー