外波山文明が一人芝居で赤裸々な性の体験談「四畳半襖の下張り」

30

外波山文明ひとり芝居『四畳半襖の下張り』」が、12月5日から9日まで東京・シアターPOOで上演される。

過去に上演された「四畳半襖の下張り」より。

過去に上演された「四畳半襖の下張り」より。

大きなサイズで見る(全3件)

「外波山文明ひとり芝居『四畳半襖の下張り』」チラシ表

「外波山文明ひとり芝居『四畳半襖の下張り』」チラシ表[拡大]

本作は、椿組外波山文明が1985年から続けているライフワーク。猥褻文書として発禁処分になった永井荷風の原作と言われる「四畳半襖の下張り」を、一人芝居として上演する。

戦後間もない東京近郊。雑誌の記者に向かって話す老人の口から出た言葉は、記者も思わず赤面するような、赤裸々な性の体験談で……。なお12月8・9日の公演では、長嶺安奈による朗読も行われる。

この記事の画像(全3件)

「外波山文明ひとり芝居『四畳半襖の下張り』」

2018年12月5日(水)~9日(日)
東京都 シアターPOO

戯作:金阜山人
脚色:原田励
出演:外波山文明

全文を表示

関連記事

椿組のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 椿組 / 外波山文明 / 新釈 四畳半襖の下張り の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします