第18回AAF戯曲賞、2次審査通過の5作品を発表

38

第18回AAF戯曲賞の2次審査の結果が発表された。

第18回AAF戯曲賞チラシ表

第18回AAF戯曲賞チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

2次審査を通過したのは、山内晶「朽ちた蔓延る」、我妻直弥「すごい機械」、南山高校女子部演劇部・渡辺鈴「by us」、フルカワトシマサ「ヤクタタズ!」、佐々木治己「ワッツィ 人民は敵」の5作品。ノミネート作品は愛知・愛知県芸術劇場 アートライブラリー(1F)、アートプラザ(B2)にて閲覧でき、また劇場公式サイトにも掲載されている。

愛知県芸術劇場が主催するAAF戯曲賞は「戯曲とは何か?」をテーマに、上演を前提とした戯曲を募る恒例企画。今回の審査員には篠田千明鳴海康平羊屋白玉三浦基やなぎみわが名を連ねる。なお最終審査となる公開審査会は、来年2019年1月6日に開催。受賞作は、19年以降に同劇場 小ホールで上演される。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

山内晶のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山内晶 / 篠田千明 / 鳴海康平 / 羊屋白玉 / 三浦基 / やなぎみわ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします