ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

森新太郎演出×中山優馬主演「The Silver Tassie 銀杯」本日開幕

357

「The Silver Tassie 銀杯」より。(撮影:細野晋司)

「The Silver Tassie 銀杯」より。(撮影:細野晋司)

「The Silver Tassie 銀杯」が本日11月9日に東京・世田谷パブリックシアターにて開幕した。

「The Silver Tassie 銀杯」は、1928年にアイルランドの劇作家ショーン・オケイシーが手がけ、翌29年にロンドンで初演された作品。第一次世界大戦下のアイルランドを舞台に、優勝カップの銀杯を手にし輝かしい未来を嘱望されたフットボール選手が、戦地へ召集されたことで人生を一変させる様が描かれる。森新太郎が演出を担当し、出演者には中山優馬をはじめ、矢田悠祐横田栄司浦浜アリサ安田聖愛土屋佑壱山本亨青山勝長野里美三田和代らが名を連ねた。

物語は、沈没船のごとく左右に傾斜が付いた舞台で展開される。くすんだ朱色の壁にストーブ、ベッドが置かれた簡素な部屋の小さなテーブルには、金や銀に輝くメダルがずらりと並んでいる。部屋には、怠惰な様子でおどけたやり取りを繰り広げるシルベスター・ヒーガン(山本)とサイモン・ノートン(青山)、そして真っ白なブラウスとブルーのロングスカートをきっちりと着込んだスージー・モニカン(浦浜)がいて、そこへ夫テディ(横田)からの暴力を逃れてフォーラン夫人(長野)がやって来た。彼らとヒーガンの妻(三田)は、街の英雄で彼らの息子、ハリー・ヒーガン(中山)の帰りを待っていた。軍の休暇中にフットボールの試合に出ていたヒーガンは、軍の船が出ようというのになかなか帰って来ない。やがて恋人のジェシー・テイト(安田)と戦友のバーニー・バグナル(矢田)、そして観衆を引き連れて家に飛び込んできたヒーガンは、勝利の熱狂に酔いしれ、銀杯で祝杯を上げるのだった。

ハリーを軸に、音楽に彩られエネルギッシュに展開する1幕。若さと男としての自信に満ちたハリーを、中山は全身で力強く表現する。そんなハリーと共に、バーニーとテディは意気揚々と戦場に旅立つが、2幕では一転して大砲以外は何もない、灰色の光に包まれた塹壕のシーンが描かれる。舞台奥から現れるのは、目と口が異様に強調された、青白い顔をした人形たちだ。激務で疲れ果て、“人間らしさ”を失った彼らの姿はすでに亡霊のようで、うわごとのようにかつての平和な生活を懐かしみ、塹壕にはそぐわない、明るい調子で歌い出す。記憶と共に流れ出す、平和的でのどかなメロディに、兵士たちは束の間、心の休息を得るが、歌が終わると現実はより一層重くのしかかる。上官とのやり取りなど、一見するとコミカルな展開も見られるが、逆にそれが戦場の異常さ、非情さを浮き彫りにする。そして3幕。ベッドが並べられた真っ白な病室に姿を現したのは、車椅子姿のハリーだった。かつての輝きが失せ、憤りと焦りで爆発寸前の彼に、さらに過酷な現実が襲いかかり……。

栄光からどん底へ、ハリーの人生に降りかかる悲劇を、中山は太く、強く、生々しい演技で表現する。特に3幕以降、車椅子の上で自分の境遇に悶え苦しむ姿は、悲しみや悔しさを通り越した、大きな痛みの塊となって観客の心に突き刺さる。またそんなハリーの苦しみを誰よりも深く感じているバーニー、悟りのような境地からハリーに寄り添うテディ、息子を案じてやまないハリーの母親、さらに新しい時代をポジティブに受け入れていく観衆たちなど、それぞれの思いが複雑に交錯していく。

本作について、演出の森は「この作品を観て人間の残酷さを感じる人もいるだろうし、逆に人間の逞しさを感じる人もいるかもしれない。登場人物たちに対し、簡単に善悪のジャッジを下せない作品だと思っています」と表現した。その言葉の意味は、終演後にずしりとした重みを持って迫ってくる。

公演は11月25日まで。なお11月14日14:00開演回には森・中山・横田・矢田、20日14:00開演回には矢田・土屋・麻田・今村・天野、22日18:30開演回には森・中山・横田と世田谷パブリックシアター芸術監督の野村萬斎が登壇するポストトークが実施される。

なおステージナタリーでは、「The Silver Tassie 銀杯」の特集を展開中。森新太郎のインタビューのほか、矢田悠祐・横田栄司・土屋佑壱による座談会、音楽を担当する国広和毅のコメントを掲載している。

関連する特集記事

世田谷パブリックシアター「The Silver Tassie 銀杯」PR

「The Silver Tassie 銀杯」

2018年11月9日(金)~25日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

作:ショーン・オケイシー
翻訳・訳詞:フジノサツコ
演出:森新太郎
出演:中山優馬矢田悠祐横田栄司浦浜アリサ安田聖愛土屋佑壱 / 麻田キョウヤ、岩渕敏司、今村洋一、チョウ・ヨンホ、駒井健介、天野勝仁、鈴木崇乃、吉田久美、野田久美子、石毛美帆、永石千尋、秋山みり / 山本亨青山勝長野里美三田和代

ステージナタリーをフォロー