ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

成河がSPAC「授業」アーティストトークに登場

125

成河が静岡・静岡芸術劇場で上演されるSPAC「授業」のアーティストトークに登壇する。

アーティストトークが開催されるのは、10月7日14:00公演の終演後。「授業」の演出を手がける西悟志と大学時代から演劇活動を共にしていた成河が、作品にどのようなコメントを寄せるのか期待しよう。なお10月7日当日は、東京から劇場までを片道1000円で往復できる臨時バスが運行される。バスの申込みは先着順となっており、受付は10月3日まで。

「SPAC秋→春のシーズン 2018-2019」の第1弾を飾るSPAC「授業」は、“喜劇的ドラマ”と副題が付されたウジェーヌ・イヨネスコの戯曲を、西と菊川朝子が共同演出で立ち上げる作品。ある教授のもとに、1人の生徒が個人授業を受けに訪れる。穏やかに始まった授業は、徐々に変調をきたしていき……。出演者には貴島豪、野口俊丞、布施安寿香、渡辺敬彦が名を連ねている。

SPAC秋→春のシーズン 2018-2019 #1「授業」

2018年10月6日(土)~8日(月・祝)、13日(土)、20日(土)・21日(日)、28日(日)
静岡県 静岡芸術劇場

作:ウジェーヌ・イヨネスコ
翻訳:安堂信也、木村光一
演出:西悟志
共同演出:菊川朝子
出演(五十音順):貴島豪、野口俊丞、布施安寿香、渡辺敬彦

ステージナタリーをフォロー