ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

林翔太が“ジャニーズパワー”見せる「ロジャース/ハート」が開幕

1868

Broadway Showcase Vol.2 ブロードウェイ・ミュージカル「ロジャース/ハート」囲み取材より、左から樹里咲穂、矢田悠祐、林翔太、玉野和紀。

Broadway Showcase Vol.2 ブロードウェイ・ミュージカル「ロジャース/ハート」囲み取材より、左から樹里咲穂、矢田悠祐、林翔太、玉野和紀。

ブロードウェイ・ミュージカル「ロジャース/ハート」が、本日8月14日に東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERで開幕。これに先駆けて同日、囲み取材が行われた。

「ロジャース/ハート」は、ブロードウェイを代表するソングライターの名曲を紹介するシリーズ「Broadway Showcase」の第2弾。1920年から40年代にかけてブロードウェイで名を馳せた作曲家と作詞家の半生が描かれ、作曲家リチャード・ロジャース役をジャニーズJr.の林翔太、作詞家ロレンツ・ハート役を矢田悠祐、ロジャースの妻役を実咲凜音が演じる。またジャニーズJr.の寺西拓人樹里咲穂に加え、上演台本・訳詞・演出・振付を手がける玉野和紀も出演する。

ゲネプロ後に行われた囲み取材には林、矢田、実咲、寺西、樹里、玉野が出席。林は「普段はそうでもないんですけど、今回は珍しくド緊張してます」と心境を明かし、「比べるものじゃないけど、素晴らしい共演者の皆さんと一緒に稽古をしていてへこむこともありました。でも玉野さんがいろいろアドバイスをくださって自信につながったし、玉野さんを信じてやっていけば絶対大丈夫だと思えました」と、稽古を振り返りつつ力強く語る。本作については「今までとは雰囲気の違うステージで、新しい自分を出せる気がします」と期待をのぞかせ、「大人っぽくなった林翔太を見ていただきたいです」とメッセージを送った。

ジャズのスタンダードナンバーが登場する本作について矢田は「僕のファンの方はあまり触れたことがないジャンルの楽曲やダンスだと思う。僕は作詞家の役でもあるし、玉野さんが歌詞に素敵な訳を付けてくださったのでそれを伝えたい」と真摯に述べる。また林との初共演に際しては「作中だと、翔太くんと出てるシーンがほとんどで、一緒にいると安心してしまうんですが(笑)。実際役柄の上でもロジャースとハートは信頼関係にあったと思うので、いいことなんじゃないかなと」と林に笑顔を向けた。

林と矢田がお互いの印象について尋ねられると、矢田は「これについては悪いやつがいて」と寺西を示し、「翔太くんの印象を聞いたら『めっちゃ怖い人やで』って(寺西に)言われて……でも取材で初めて対面したら翔太くん、めっちゃ物腰柔らかくて。嘘やん!?って!」と寺西にからかわれたエピソードを話し、共演者を笑わせる。続く林も「僕も矢田さんは怖い人だと思ってたんですけど(笑)、稽古が始まったら寺西と中学生みたいなノリでしゃべってて、全然見た目と印象が違って面白い人だなと」と笑い交じりに明かした。

玉野は林を「タップを1回教えたら、コツを掴むのが早くて」と称賛し、「ピアノも本当はちょっとフレーズを弾いてもらうくらいだったんですけど、できちゃうので1曲弾いてもらいます」と期待を煽る。これについてインタビュアーが「根性を見せたんですね」と投げかけると、林は「“ジャニーズパワー”ですね」と笑顔を見せた。

話題が作中で玉野が女性に扮し樹里、実咲と踊る場面のことに及ぶと、玉野は冗談交じりに「仕方なく女装しました」と笑顔を浮かべ、樹里は「あの場面、全員玉野さんしか見てないやろ!って。こんなにがんばってんのに……って嫉妬を覚えながらやっています(笑)」、実咲は「(玉野は)きれいなおみ足」とそれぞれコメントして記者たちの笑いを誘った。

劇中で描かれるロジャースとその妻のラブシーンに触れ、実咲が「初々しい恋の歌などがあるんですけど、普段から我々(林と実咲)は落ち着き気味なので……『若い頃を思い出してがんばろう!』って言っています(笑)」と明かすと、樹里からは「若いやろ! 十分若いやろ!」とツッコミが入る。林は樹里の勢いに笑いつつ、自身初だと言うラブシーンについて「女性と組んで踊るのも初めてでリードされまくっていたんですけど、アドバイスをいただきながらやっています」とコメント。また以前に玉野が手がけた作品でラブシーンを経験したと言う寺西は、「前回は女性にリードさせてしまって……『これじゃいかん』と思って臨みましたが、今回もやっぱりリードされてしまった(笑)。でも“ジャニーズパワー”でがんばります」と意気込んだ。

樹里は「林くんは飲み込みが早すぎて、視野も広すぎて、たまに演出家を超えてるときがある(笑)。すごい才能の持ち主だと思います」と林を絶賛。これを受けた林は、「そうなんですかねえ」と照れ笑いを浮かべつつ、「ずっと滝沢(秀明)くんの舞台に出させてもらってたので、彼の背中を見て育っている。自然と、(舞台を)全部把握しなきゃという気持ちでやっていますね」と感慨を語った。

最後に林は「この作品には、普段なかなか触れることのできないジャンルの楽曲がたくさん登場するので、その魅力を知っていただくいい機会になると思います。音楽をしっかりお客様に届けて、皆さんに愛していただける作品になるようがんばりたい」とメッセージを送り、取材を締めくくった。

本作は東京公演が9月9日まで行われたのち、11・12日に大阪・松下IMPホール、15日に神奈川・やまと芸術文化ホール メインホールで上演。上演時間は途中休憩なしの約1時間40分を予定している。

Broadway Showcase Vol.2 ブロードウェイ・ミュージカル「ロジャース/ハート」

2018年8月14日(火)~9月9日(日)
東京都 DDD AOYAMA CROSS THEATER

2018年9月11日(火)・12日(水)
大阪府 松下IMPホール

2018年9月15日(土)
神奈川県 やまと芸術文化ホール メインホール

上演台本・訳詞・演出・振付:玉野和紀
詞:ロレンツ・ハート
作曲:リチャード・ロジャース
出演:林翔太(ジャニーズJr.)、矢田悠祐実咲凜音 / 寺西拓人(ジャニーズJr.)/ 樹里咲穂、玉野和紀

ステージナタリーをフォロー