ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

DRUM TAO「時空旅行記」東京公演が開幕、「TAOの夏祭り」も同時開催

361

DRUM TAO「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」より。(c)DRUM TAO

DRUM TAO「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」より。(c)DRUM TAO

DRUM TAO「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」の東京公演が、昨日7月19日に東京・豊洲PITで開幕した。

DRUM TAOの新作公演となる本作は、和太鼓をメインとしたパフォーマンスにより“SAMURAI”たちが過去から未来へ行き交う姿を描き出す作品。5月にはDRUM TAOの拠点である大分でプレビュー公演が行われ、その後、福岡、沖縄、群馬、青森、愛知など各地を巡演した。5月にロシアで行われた「ロシアにおける日本年」の開幕式ではボリショイ・バレエ団と共演し、7月にはフランス・パリにて「ジャポニスム2018:響きあう魂」のオープニングアクトを飾った。今回の東京公演では、開演2時間前より「TAOの夏祭り」と題したイベントを同時開催。会場ロビーにて“お迎えライブ”などが行われる。

「TAOの夏祭り」について、座長の西亜里沙は「今回初めての試みでしたが、皆さん大勢いらしていただいてびっくりしています」とコメント。メンバーの岸野央明は作品の仕上がりについて「よく熟成された状態です! 今回は特別、TAOメンバーが全員出演するので、ぜひ楽しみにしていただければと思います」と自信をのぞかせる。同じくメンバーの江良拓哉は「先日のパリ公演でもとても盛り上がったので、東京の皆さん、一緒に盛り上がりましょう!!」と来場者に呼びかけている。

東京公演は7月27日まで行われ、このあとは12月にかけて、山梨、大分、広島、長野、神奈川、埼玉、大阪など各地を巡演する。

DRUM TAO「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」

2018年7月19日(木)~27日(金)
東京都 豊洲PIT

※このほか、山梨、大分、広島、長野、神奈川、埼玉、大阪など各地を巡演予定。

演出・制作:フランコドラオ
出演:DRUM TAO

ステージナタリーをフォロー