ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台は戦後の日本、音無美紀子ら出演「にっぽん男女騒乱記」詳細明らかに

21

9月に上演される「にっぽん男女騒乱記」の詳細が明らかになった。

トム・プロジェクトによるプロデュースで上演される本作は、作・演出を劇団桟敷童子東憲司が担当。昭和27年(1952年)の日本を舞台に、町外れにあるアメリカ兵専門の連れ込み宿さんふらわの豪快な女主人・千鶴と、“エログロ”専門の紙芝居屋・源之助を中心としたストーリーが展開する。チラシ裏には「戦争で負かされた国から毟りとっちゃるんやッ」とキーワードが記された。

出演者には音無美紀子真山章志小林美江上原理生高橋長英が名を連ねている。本作は9月5日から12日まで東京・東京芸術劇場 シアターウエストで上演されたのち、15日には神奈川・湘南台文化センター 市民シアターでも上演される。

トム・プロジェクトプロデュース「にっぽん男女騒乱記」

2018年9月5日(水)~12日(水)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

2018年9月15日(土)
神奈川 湘南台文化センター 市民シアター

作・演出:東憲司
出演:音無美紀子高橋長英上原理生小林美江真山章志

ステージナタリーをフォロー