ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団四季「キャッツ」専用劇場の内部を公開、ステージングの新プランも

790

キャッツ・シアター内覧会より、猫のポーズを取る加藤敬二(中央左)、劇団四季の吉田智誉樹代表取締役社長(中央)、土屋茂昭(中央右)。

キャッツ・シアター内覧会より、猫のポーズを取る加藤敬二(中央左)、劇団四季の吉田智誉樹代表取締役社長(中央)、土屋茂昭(中央右)。

劇団四季のミュージカル「キャッツ」が、東京都品川区に新設された専用劇場、キャッツ・シアターで8月11日に開幕する。これに先駆け本日7月9日に、同会場の内覧会が行われた。

「キャッツ」は、アンドリュー・ロイド=ウェバーがT.S.エリオットの詩集をミュージカル化した作品。都会のゴミ捨て場を舞台に、24匹の猫たちの生き様が描かれる。四季では1983年に東京・西新宿のテント式劇場「キャッツ・シアター」で初演以来、これまでに全国9都市で公演を実施、総公演回数は約9800回、総入場者数は約960万人を数えている。首都圏での上演は、2012年の横浜公演以来6年ぶりだ。

劇場内にはエレキギター、おもちゃの鍵盤楽器、ゲーム機など、モチーフの実寸の3倍ほどの大きさで作られたゴミのオブジェがひしめいている。劇場のある品川区にちなんだオブジェも“ご当地ゴミ”として多数設置されているので、ぜひ劇場で探してみよう。

内覧会はまず、最前4列の席がオープニング音楽に合わせて舞台と共に回る“回転席”のデモンストレーションからスタート。その後、劇団四季の吉田智誉樹代表取締役社長、本作の振付・演出スーパーバイザーを担当する加藤敬二、舞台美術家の土屋茂昭のほか、本作のディミータ役を務める松山育恵、ボンバルリーナ役・山崎遥香、タントミール役・間辺朋美、ヴィクトリア役・馬場美根子が登壇した。

加藤は本作を「僕自身もそうでしたが、客席に座った方の人生を変える作品だと思う」と紹介。「普段目にするペットの猫と人間の関係性が逆転する世界観は、ほかの作品には見られない『キャッツ』特有のもの。この作品では年に1度舞踏会に集まり、新しい生を許される猫が選ばれる様子が描かれますが、人生を変えられてしまうような世界観に踏み込むことができます」とアピールする。

今回の上演版では、楽曲の改訂に伴って一部振付とステージングに変更が加えられる。これについて加藤は「『ランパスキャット けんか猫』のナンバーが復活するほか、『ジェニエニドッツ おばさん猫』ではゴキブリのダンスシーンが、『マンゴジェリーとランペルティーザ 泥棒猫』は曲調が変わります」と明かし、「『おばさん猫』ではボディパーカッションを取り入れます。『泥棒猫』は……自分で振付しておいてなんですが、よくそんなに歌いながら踊れるな、というくらい激しい場面になりました(笑)」と期待を煽った。最後に加藤は「観ていただくたびに、猫の世界の見え方は違うと思います。人生の思い出を重ねながら何度もお運びいただいて、いろんな見方で作品を楽しんでいただけたら」と呼びかけ、挨拶を締めくくった。

「ここは世界にも例がない『キャッツ』のためだけの劇場。劇場のものはすべてこの作品のためにある」と語るのは土屋。劇場を彩るゴミのオブジェについては「キーワードは思い出」と言い、「初演のとき、演出家にそれが何かわかるものをモチーフにオブジェを作るよう指示されました。劇中歌の『メモリー』に、“思い出をたどって新しい命へ向かう”という旨の歌詞がありますが、この劇場には思い出をたどるための品々が飾られている。ここにある約3000点のゴミのオブジェが、観客の皆さんそれぞれの思い出につながるはず」と、土屋はエピソードを語りつつメッセージを送る。

さらに土屋は四つ葉のクローバーをかたどったオブジェを取り出し、「劇場のどこかに四つ葉のクローバーを1株だけ植えておきます。観客の皆さんぜひ見つけて、幸せになってください」と微笑みを浮かべた。

ミュージカル「キャッツ」の公演は8月11日からスタートし、ロングラン公演を行う。なお本作は今年18年11月11日に日本初演35周年を迎えるほか、来年19年3月12日には日本公演通算1万回公演を達成する。

劇団四季 ミュージカル「キャッツ」

2018年8月11日(土・祝)~
東京都 キャッツ・シアター

曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
詞:T.S.エリオット

ステージナタリーをフォロー