ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

勅使川原三郎「白痴」フェスティバル・ドートンヌ招聘公演でヨーロッパ初演

20

勅使川原三郎による「アップデイトダンス」シリーズ「白痴」が、6月7日から15日まで東京のカラス・アパラタス B2ホール、9月から10月にかけて、フェスティバル・ドートンヌ招聘公演としてフランス・パリの国立シャイヨー劇場で上演される。

ドストエフスキーの長編小説「白痴」をもとに、勅使川原が創作した本作は、長大な物語の中にある愛や葛藤、欲望など深い精神世界を凝縮して届けるダンス作品。2016年6月に初演され、同年12月に東京・シアターXで改訂再演された。なお今回は10月26日に秋田・秋田市文化会館 小ホールでも上演されるほか、イタリアなどヨーロッパでも公演が行われる予定だ。

アップデイトダンスシリーズ No.52「白痴」

2018年6月7日(木)~15日(金)
東京都 カラス・アパラタス B2ホール

2018年9月27日(木)~10月5日(金)
フランス パリ 国立シャイヨー劇場
※フェスティバル・ドートンヌ招聘公演として。

2018年10月26日(金)
秋田県 秋田市文化会館 小ホール

ほかイタリアなどを巡演予定。

演出・照明:勅使川原三郎
出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

ステージナタリーをフォロー