ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

北海道に新劇場がオープン、スタジオ公演に山田うん・斎藤歩ら

143

札幌文化芸術劇場 hitaru オープニングシリーズ主催事業のチラシ表。

札幌文化芸術劇場 hitaru オープニングシリーズ主催事業のチラシ表。

北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru クリエイティブスタジオが10月に開場する。このたび同スタジオの来年2019年3月までの主催事業が発表された。

札幌文化芸術劇場 hitaru クリエイティブスタジオは、同じく10月に開場する札幌文化芸術劇場 hitaru内の施設。約200の客席を有する同施設は、実績を有する劇場や国内外で精力的に創作活動を続けている団体やアーティストと共に作品を発信し、文化芸術活動の拠点として機能していくことを目指し運営される。

10月27・28日に行われる同施設のこけら落とし公演演目に選ばれたのは、Co.山田うんのレパートリー作品「結婚」と、山田うんコレクティブダンサーズこと、オーディションで選出されたダンサーたちによる「春の祭典」。さらに12月17日から25日までは、公益財団法人北海道演劇財団の常務理事・芸術監督であり俳優の斎藤歩演出による「ゴドーを待ちながら」、19年2月15・16日にはスペクタクル3D能「平家物語」が上演され、3月16日には、長島確平田オリザが講師を務める、フォーラム「世界演劇史 / 日本演劇史」が開催される。

またクリエイティブスタジオを擁する札幌文化芸術劇場 hitaruでは、10月7・8日にオペラ「アイーダ」、11月23・24日にはバレエ「白鳥の湖」を上演予定。なお両公演とも一般販売分のチケットは予定枚数を終了している。

札幌文化芸術劇場 hitaru オープニングシリーズ主催事業

クリエイティブスタジオ こけら落とし公演 Co.山田うん「結婚」 / 山田うんコレクティブダンサーズ「春の祭典」

2018年10月27日(土)・28日(日)

演出・振付:山田うん
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー

サミュエル・ベケット作「ゴドーを待ちながら」

2018年12月17日(月)~25日(火)

演出:斎藤歩
出演:斎藤歩、納谷真大、福士惠二、高田恵篤
舞台美術デザイン:島次郎

スペクタクル3D能「平家物語」

2019年2月15日(金)・16日(土)

出演:坂口貴信
演出:奥秀太郎

「世界演劇史 / 日本演劇史」

2019年3月16日(土)

講師:長島確(世界演劇史)、平田オリザ(日本演劇史)
聞き手:斎藤歩

ステージナタリーをフォロー