ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

新国立劇場運営財団と札幌市芸術文化財団が協定を締結

71

左から公益財団法人札幌市芸術文化財団理事長の秋元克広氏、公益財団法人新国立劇場運営財団常務理事の村田直樹氏。

左から公益財団法人札幌市芸術文化財団理事長の秋元克広氏、公益財団法人新国立劇場運営財団常務理事の村田直樹氏。

東京・新国立劇場の管理運営を行う公益財団法人新国立劇場運営財団と、今秋開場予定の北海道・札幌文化芸術劇場(hitaru)を運営する公益財団法人札幌市芸術文化財団が、4月17日に協定を締結した。

協定は、それぞれの劇場で実施される公演、人材育成などについて連携・協力し、芸術文化の振興に貢献することを目的としたもの。札幌文化芸術劇場は10月7日に開場が予定されており、11月23・24日には新国立劇場バレエ団による「白鳥の湖」、また来年2019年8月3・4日には、新国立劇場と東京文化会館の共同制作による「オペラ夏の祭典2019-20 Japan→Tokyo→World『トゥーランドット』」の上演が予定されている。

なお新国立劇場が他劇場と協定を締結するのは、今回が初のこととなる。

※「オペラ夏の祭典2019-20 Japan→Tokyo→World『トゥーランドット』」の→は、相互矢印が正式表記。

ステージナタリーをフォロー