ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「銀英伝」新・舞台シリーズがスタート!「Die Neue These」10月に上演決定

1044

田中芳樹のSF小説を原作とした、舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」が10月25日から28日まで東京・Zepp DiverCity TOKYOにて上演される。

松坂桃李を主演に迎え、2011年にスタートした舞台「銀河英雄伝説」シリーズ。15年に惜しまれつつ幕を下ろした本シリーズが、4月に開始する新作テレビアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」の放送に合わせて、「新・舞台シリーズ」として新たに生まれ変わる。

「Die Neue These」の演出を担当するのは、同シリーズの過去作も手がけた大岩美智子。脚本を米内山陽子が務めるほか、テレビアニメ版のシリーズ構成・脚本を担当する鵺的の高木登が、舞台版にも構成・監修で参加する。

物語の舞台となるのは、数千年後の未来。宇宙空間に進出した人類は、銀河帝国と自由惑星同盟の2国にわかれて対立し、150年にもおよぶ戦闘を繰り返していた。そんな中、“常勝の天才”ことラインハルト・フォン・ローエングラムと、“不敗の魔術師”ことヤン・ウェンリーという2人の天才の登場によって、歴史は大きく動き始める。キャストは4月より順次発表予定。このほか公演詳細については続報を待とう。

舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These」

2018年10月25日(木)~28日(日)
東京都 Zepp DiverCity TOKYO

原作:田中芳樹
脚本:米内山陽子
演出:大岩美智子
構成・監修:高木登

(c)田中芳樹/松竹・Production I.G

ステージナタリーをフォロー