佐藤流司・崎山つばさが生パフォーマンスで魅せる!「御茶ノ水ロック」開幕

4873

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」が、本日3月30日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕。これに先駆け、昨日3月29日に公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。佐藤流司演じる片山始。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。佐藤流司演じる片山始。

大きなサイズで見る(全23件)

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。DYDARABOTCH。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。DYDARABOTCH。[拡大]

本作は、「男水!」を手がけたポリゴンマジックによるテレビドラマ&舞台連動企画の第2弾。1月からはテレビドラマ版が放送されたほか、去る3月27日には、「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)で連載されているコミカライズの単行本1巻が発売された。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。崎山つばさ演じるSHO。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。崎山つばさ演じるSHO。[拡大]

「いつか武道館のステージに立ちたい」という夢を子供の頃から掲げていた片山兄弟は、母親の死をきっかけに別々の道へ。数年の時を経て、弟の始(佐藤流司)は自身の結成したバンド・DYDARABOTCHで活動をし、兄の亮(染谷俊之)はバンド・The DIE is CAST、通称DICをプロデュースしていた。

インディーズバンドのトップを競うイベントで、DICに破れ準優勝となったDYDARABOTCHは、DICに対抗意識を燃やし、デモテープを持って音楽事務所へ売り込みをかける。門前払いが続く中、T&Eミュージックに営業に訪れた始たちは、亮がかつて組んでいた伝説のバンド・THE CROWのボーカル・桐山純哉(荒木宏文)に出会い……。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。荒木宏文演じる桐山純哉。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。荒木宏文演じる桐山純哉。[拡大]

テレビドラマ版の設定と配役を引き継ぎ、新たなストーリーが紡がれる本作。冒頭では目まぐるしくシーンが展開していき、観客をドラマを観ているかのような錯覚に陥らせる。その後のライブシーンでは、俳優たちがパワフルな演技を披露し、観客を“ライブステージ”へと力強く引き込んでいった。なお“生MC”が盛り込まれたライブシーンは、スタンディングで楽しむことが可能。ライブシーンの詳細については前説でアナウンスされる。

ゲネプロ前には佐藤流司、崎山つばさ、荒木宏文、染谷俊之が取材に応じ、意気込みを語った。佐藤は「DYDARABOTCHはドラマでも元気で活発ですが、舞台ではその元気を“表現”として皆様にしっかり受け取ってもらうため、さらに元気になってます」と冗談混じりにアピール。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。左から佐藤流司演じる片山始、染谷俊之演じる片山亮。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。左から佐藤流司演じる片山始、染谷俊之演じる片山亮。[拡大]

続く染谷は、両バンドの生演奏を見どころに挙げ、「ライブを見に来たような感覚も味わえますし、お芝居の部分も楽しんでいただけると思うので、音楽好きな方もそうでない方も、両方ひっくるめて楽しんでいただけるエンタテインメントだと思います」と自信をのぞかせた。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。左から前山剛久演じる奈良悠介、宮城紘大演じる乾慎吾。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。左から前山剛久演じる奈良悠介、宮城紘大演じる乾慎吾。[拡大]

DICのボーカル・SHO役を演じる崎山は「ドラマがあったので、役作りはもうそれぞれできていました。舞台に向けて表現を大きくするという点で、関係性をより細かく作っていった舞台ならではの僕たちを、見ていただけたらなと思います」と真摯に語る。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。DYDARABOTCH。

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」ゲネプロより。DYDARABOTCH。[拡大]

荒木は「悪者を担当します(笑)」と自己紹介しつつ、「ドラマでは、兄弟の確執というテーマをクリアしてピースフルなエンドを迎えたので、舞台用にまたひと波起こさなきゃいけない。僕はそのために参加する、まさに悪者です(笑)。みんなが新しい道を見つけられるように背中を押せるような悪役を、しっかり演じたいと思います」と意気込む。

また絆について話がおよぶと、佐藤が「ドラマのときもそうだったんですけど、じゃんけんで負けた人が弁当の残りを片付けたり、自販機に行って全員分のジュースを買ってきたりするっていうイベントがあるんです」と稽古場でのエピソードを明かす。佐藤はさらに「今日は結構年上の砂原(健佑)くんが負けたんですけど、『早く買ってこい!』『走れ!』という罵声、怒号、罵詈雑言が飛び交いました。これがロックな絆……」と続けると、隣の崎山が「和気あいあいとね……」と笑顔で頷き、横で見ていた荒木が「うん、フラットな関係だね(笑)」とまとめ、座組の仲のよさを感じさせた。

最後に佐藤が「ライブシーンもありますが、お芝居も毎回同じことができないくらいめまぐるしいテンポのなので、演じている側としても毎回新鮮な気持ちで取り組んでいます。観に来る皆さんも、その日その日の生のパフォーマンスの面白さを受け取っていただけたら」と観客に呼びかけ、会見を締めくくった。

上演時間は休憩なしの約2時間10分。公演は4月15日まで。なお千秋楽ライブビューイングのチケットは、明日3月31日12:00から一般販売を開始する。

この記事の画像(全23件)

「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」

2018年3月30日(金)~4月15日(日)
東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

原案脚本:カタヤマ
演出:大関真
バンド楽曲:Sho from MY FIRST STORY
音楽監督:tak

出演:佐藤流司崎山つばさ前山剛久谷水力松本岳宮城紘大 / 砂原健佑、Chiyu、夛留見啓助 / 菊田大輔大塚尚吾 / 荒木宏文 / 染谷俊之 ほか

全文を表示

関連記事

佐藤流司のほかの記事

リンク

関連商品

(c)御茶ノ水ロック製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 佐藤流司 / 染谷俊之 / 崎山つばさ / 荒木宏文 / 前山剛久 / 松本岳 / 宮城紘大 / 砂原健佑 / 夛留見啓助 / 谷水力 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします