ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

MONO「隣の芝生も。」愛知で開幕、東京・大阪・三重・福岡へ

94

MONO「隣の芝生も。」より。(撮影:谷古宇正彦)

MONO「隣の芝生も。」より。(撮影:谷古宇正彦)

MONO「隣の芝生も。」が昨日3月10日に愛知・愛知県芸術劇場 小ホールにて開幕した。

“これまでのMONO。これからのMONO。現在の到達点を示すコメディ。”とキャッチコピーが付けられた本作は、水回りの調子が悪い、古い雑居ビルが舞台。隣合わせに入居している2つの会社は、印象だけでお互いを羨ましく思っていて……。

開幕に際し、主宰の土田英生は「苦労してなんとか初日を迎えることができました! 面白い舞台になっていると思います」と自信をのぞかせ、尾方宣久も「チラシの通り『現在の到達点』の作品ではあると思います」と続ける。さらに水沼健は「これから春の本格化とともに東に行ったり西に行ったりいたします」とツアーへの思いを馳せている。

愛知公演は本日11日まで。そのあと、3月15日から21日まで東京の座・高円寺1、3月23日から27日まで大阪・ABCホール、4月1日に三重・四日市地域総合会館 あさけプラザ、4月7・8日に福岡・北九州芸術劇場 小劇場にて公演が行われる。

水沼健コメント

初日が無事に終わりました。ご来場いたきましたお客様、準備していただいたスタッフのみなさま、ありがとうございました。これから春の本格化とともに東に行ったり西に行ったりいたします。ぜひとも劇場まで足をお運びください。

尾方宣久コメント

初日を観に来てくれた友人から「チラシから想像してたのと全然違うね」と言われました。私が稽古前に想像していたものとも全然違うものになりました。まあこれはいつもそうなんですけど。ただ、チラシの通り「現在の到達点」の作品ではあると思います。是非ご来場ください。お待ちしております。

土田英生コメント

苦労してなんとか初日を迎えることができました! 面白い舞台になっていると思います。ぜひ! 劇場へお越しください!

MONO「隣の芝生も。」

2018年3月10日(土)・11日(日)※公演終了
愛知県 愛知県芸術劇場 小ホール

2018年3月15日(木)~21日(水・祝)
東京都 座・高円寺1

2018年3月23日(金)~27日(火)
大阪府 ABCホール

2018年4月1日(日)
三重県 四日市地域総合会館 あさけプラザ

2018年4月7日(土)・8日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 小劇場

作・演出:土田英生
出演:水沼健、奥村泰彦、尾方宣久金替康博、土田英生 / 石丸奈菜美、大村わたる高橋明日香、立川茜、渡辺啓太

ステージナタリーをフォロー