土田英生「素晴らしい劇作家の台本をMONO流に」、「涙目コント」三鷹で開幕

125

MONO「涙目コント」が、昨日8月1日に東京・三鷹市芸術文化センター 星のホールで開幕した。

MONO特別企画 vol.7「涙目コント」より。(撮影:谷古宇正彦)

MONO特別企画 vol.7「涙目コント」より。(撮影:谷古宇正彦)

大きなサイズで見る(全8件)

MONO特別企画 vol.7「涙目コント」より。(撮影:谷古宇正彦)

MONO特別企画 vol.7「涙目コント」より。(撮影:谷古宇正彦)[拡大]

MONO特別企画 vol.7「涙目コント」より。(撮影:谷古宇正彦)

MONO特別企画 vol.7「涙目コント」より。(撮影:谷古宇正彦)[拡大]

「涙目コント」は、土田英生率いるMONOが劇団結成30周年を記念して上演する特別企画。イキウメの前川知大、iakuの横山拓也、オイスターズの平塚直隆が提供した脚本を物語に取り込み、土田が1つの作品に仕立て上げた。キャストには土田のほか、奥村泰彦、金替康博、石丸奈菜美、高橋明日香、立川茜、渡辺啓太が名を連ね、水沼健尾方宣久が声の出演で参加している。

初日を終えた土田は「短い公演期間といえども初日は初日。緊張感の中、三人の素晴らしい劇作家から提供してもらった台本をMONO流にアレンジして届けられたと思う。前川さんや横山さんも来てくれて盛況のうちに終えることができました」とコメントした。本作の上演時間は約1時間30分で、東京公演は8月4日まで。9日から12日までは京都・Theatre E9 Kyotoで上演される。

この記事の画像(全8件)

MONO特別企画 vol.7「涙目コント」

2019年8月1日(木)~4日(日)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

2019年8月9日(金)~12日(月・祝)
京都府 Theatre E9 Kyoto

脚本・演出:土田英生
脚本提供:前川知大横山拓也平塚直隆
出演:奥村泰彦、金替康博、土田英生、石丸奈菜美、高橋明日香、立川茜、渡辺啓太
声の出演:水沼健尾方宣久

全文を表示

関連記事

MONOのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 MONO / 土田英生 / 前川知大 / 横山拓也 / 平塚直隆 / 金替康博 / 水沼健 / 尾方宣久 / 高橋明日香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします