ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

荻田浩一の朗読ミュージカル「不徳の伴侶」出演に彩乃かなみ、藤岡正明

126

「朗読(クローゼット)ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』」が、5月29日から6月3日まで東京・赤坂RED/THEATERで上演される。

本作は、十数年この企画を温めていたと言う作・演出の荻田浩一が、作曲の福井小百合とタッグを組んで立ち上げる朗読形式の新作ミュージカル。16世紀に実在したスコットランドの女王、メアリー・スチュアートと、彼女の3人目の配偶者であるボスウェル伯ジェームズ・ヘップバーンが描かれる。一度はフランスの王妃となりながらも、26歳には故国を追われイングランドに逃亡するメアリーは、20年の軟禁を経て、ついには血縁者であるエリザベス一世により処刑される。

メアリー役には彩乃かなみ、ボスウェル伯には藤岡正明がキャスティング。エリザベス一世役はシルビア・グラブが務めるほか、百名ヒロキ舘形比呂一、吉本真悟が共演者に名を連ねている。上演に際し荻田は、「大河ドラマ的な歴史劇の奔流と運命的かつ抒情的なメロドラマの細流が深く交わり入り乱れる悲劇の女王の軌跡を、自分なりに辿ってみたいと思いました。それはあたかも、美しくも寂しく、うら悲しいスコットランドの湿地を渉猟し、深い想いを静謐の内に湛えた湖を眺めるような心持ちです」「盟友、福井小百合さんと共に挑む新作、早く皆様にご覧頂き、聴いて頂きたい気持ちでいっぱいです」とコメントしている。

「朗読(クローゼット)ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』」

2018年5月29日(火)~6月3日(日)
東京都 赤坂RED/THEATER

作・演出:荻田浩一
作曲:福井小百合
出演:彩乃かなみ藤岡正明百名ヒロキ舘形比呂一、吉本真悟、シルビア・グラブ

ステージナタリーをフォロー