ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「髑髏城の七人」“極”、天海祐希「これまでの極楽太夫と違うもの出せたら」

825

左から三宅弘城、山本亨、竜星涼、古田新太、天海祐希、福士誠治、清水くるみ、梶原善。

左から三宅弘城、山本亨、竜星涼、古田新太、天海祐希、福士誠治、清水くるみ、梶原善。

劇団☆新感線髑髏城の七人」の新作、「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」の製作発表記者会見が本日1月18日に東京・マイナビBLITZ赤坂にて行われた。

東京・IHIステージアラウンド東京にて、約1年間にわたり上演されてきた「髑髏城の七人」の最終章となる本作は、“織田信長に愛されたスナイパー”にして、現在は遊女として諸国を旅する極楽太夫を主人公とした完全新作。本日行われた会見には、劇作を手がけた中島かずき、演出のいのうえひでのり、キャストの天海祐希福士誠治竜星涼清水くるみ三宅弘城山本亨梶原善が登壇した。

いのうえは“極”について「いろいろたくらみはいくつかありますが……あまり話せることがありません(笑)。劇場で観てもらってびっくりしてほしいのであまり言わないほうがいいと思います」と期待を煽る。さらに「回転する劇場に慣れてきているので、映像ももちろんですが、リアルなセットの広い“絵”を見せたいです。新作なので、同じフォーマットを持ったまた別の『髑髏城の七人』になります」と構想を述べた。

中島は、「これまでの『髑髏城の七人』とは違う完全新作公演ではありますが、本作でも、悪いことをしている天魔王をやっつけるという話は同じです(笑)。ただ、悪事の意味や理由、キャラクターの関係性が変わります」と述べ、「主役の天海さんは凄腕の狙撃手の女性で、天魔王と因縁があって物語が進んでいきます。今までのメインキャラクターである捨之介・蘭兵衛がいない物語で、新しい人間関係が見えてきます。古田さんにもがっつり関わってほしいと思って書いた話です」と作品に込めた思いを語る。

いのうえ、中島に続けてキャストが意気込みを述べた。天海は「私は花・鳥・風・月を拝見していますが、これまでの極楽太夫は皆さん美しくて、愛らしいとても素敵な太夫だったので、違うものを出せるように出来たらいいなと思っています」と語り、「今回は古田さんとご一緒させて頂きますし、すばらしいキャストの方と一緒に新作の『髑髏城の七人』を作ることができるので楽しみにしています。その中で皆さんのお芝居と共に自分の極楽太夫の役柄を出していけたらいいなと思います」とコメント。

「Season花」にも出演した古田は、過去に天海から「古田さんが出ないとヤダ」と言われたことを受け、「愛している人の頼みは断れないので(笑)」と笑顔を見せる。また「これまで約1年間いろいろな方が天魔王を演じてきましたが、みんなエキセントリックでカッコよくて素晴らしかったので僕はなるべく動かない天魔王を演じたいと思います。舞台を広く使っても僕は動かないで、鉄騎兵たちに行けー! やれー! と言う役です。今回のキャストのほとんどは50代ですし、ここにいる皆さんも7割ぐらいの力でやってください(笑)」と語り、会場を笑いで包む。

いのうえ演出は「サイケデリック・ペイン」以来2度目、劇団☆新感線には初参加となる福士は、古田の発言を受け「古田さんの代わりに舞台上を走り回りたいと思います(笑)。僕しかできない兵庫役ができれば。長い公演なので、健康に気を付けて乗り切ります」と意気込みを述べた。また初参加の竜星涼は「夢三郎は新しい役なので、僕自身楽しみながら演じたいです。初めて尽くしで、うれしく、武者震いし、緊張でいっぱいです。殺陣は初めてなので、皆さんの背中を見て吸収していきたいです」と期待を込める。

沙霧役は「乱鶯」以来2度目の新感線参加となる清水くるみ。「(今回の沙霧役は)本来の『頭脳派である沙霧』だそうなので、そうした面を出していきたいです」と述べ、「憧れの天海さんと初めてお会いした時には、興奮して鼻血を出してしまったので、稽古場では毎日鼻血を出さないように気を付けます」と笑顔を見せる。

カンテツ役は、2004年上演の「アオドクロ」に出演した三宅。「僕が演じるのはうつけ者の役です。前回『髑髏城』に出させていただいたのが初新感線だったのですが、その時と同じ役ということになります。身体の力が高いと言ってもらっていますが、十数年前の話で、僕も先日生まれてから半世紀が経ちまして、当時と同じことを期待されるのはちょっと(笑)。とりあえず最後まで駆け抜けるのが目標です」と抱負を語る。

狸穴二郎衛門役を演じるのは、「アカドクロ」以来14年ぶりに「髑髏城の七人」に出演する山本亨。「気負わず、稽古をやっていきたいです。新感線さんの作品にはいくつか出させて頂いていますが、『髑髏城』は2004年のアカドクロ以来14年ぶりの出演です。第一線でやられている方達とご一緒できるのをうれしく思います」と出演の喜びを述べる。

さらに「Season鳥」で狸穴二郎衛門役を演じた梶原善が今回はぜん三役で出演。「新感線さんの舞台では割と偉い人の役が多く、シーンを締めなければならない役だったりしてシンドイ面もありましたが、今回は庶民的な役で、こういう役は新感線では初めてなので、気が楽なところがありますし、観客の皆さんにも馴染みやすい役かと思います」と観客に呼びかけた。チケットは1月21日10:00に販売開始。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ONWARD presents「劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人』Season極 Produced by TBS」

2018年3月17日(土)~5月31日(木)
東京都 IHIステージアラウンド東京

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり

出演:天海祐希 / 福士誠治竜星涼清水くるみ / 右近健一、河野まさと、逆木圭一郎、村木よし子、吉田メタル、保坂エマ、川原正嗣、原慎一郎 / 武田浩二、加藤学、川島弘之、南誉士広、熊倉功、縄田雄哉、藤田修平、北川裕貴、穴沢裕介、生尾佳子、小川慧、上垣内平、小板奈央美、鈴木智久、鈴木奈苗、田代絵麻、鉢嶺杏奈、森加織、渡部又吁 / 三宅弘城山本亨梶原善 / 古田新太

ステージナタリーをフォロー