ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

CHAiroiPLIN「踊る小説」シリーズ第4弾が三鷹で、モチーフは太宰治

59

CHAiroiPLIN「三文オペラ」より。(撮影:福井理文)

CHAiroiPLIN「三文オペラ」より。(撮影:福井理文)

CHAiroiPLINと、東京・三鷹市芸術文化センターがタッグを組んで贈る「ERROR~踊る小説4~」が、4月21日から30日まで三鷹市芸術文化センター 星のホールにて上演される。

同劇場が取り組んできた企画「太宰治作品をモチーフにした演劇公演」の第14弾、およびCHAiroiPLINが手がけてきた「踊る小説」シリーズの第4弾として上演される本作。モチーフとなるのは、太宰の代表作として知られる「人間失格」と、短編「失敗園」の2本だ。

本作では、振付・構成・演出を主宰のスズキ拓朗が担当。またスズキをはじめとするCHAiroiPLINのメンバーに加え、荒木亜矢子、岩坪成美、コンドルズの香取直登、田中博士、椿組の鳥越勇作、範宙遊泳の埜本幸良、福島梓が出演する。チケットの一般前売りは2月9日にスタート。

CHAiroiPLIN+三鷹市芸術文化センターpresents 太宰治作品をモチーフにした演劇公演 第14回「ERROR~踊る小説4~」

2018年4月21日(土)~30日(月・振休)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

原作:太宰治「人間失格」「失敗園」より
振付・構成・演出:スズキ拓朗

出演:エリザベス・マリー、清水ゆり、ジントク、ジョディ、本山三火、田中美甫、スズキ拓朗 / 荒木亜矢子、岩坪成美、香取直登、田中博士、鳥越勇作、埜本幸良、福島梓

ステージナタリーをフォロー