ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

平田オリザ×高橋源一郎、青年団2年ぶり新作は若き日の文豪描く「日本文学盛衰史」

437

青年団「日本文学盛衰史」が、6月7日から7月9日まで東京・吉祥寺シアターで上演される。

本作は平田オリザ率いる青年団にとって、2016年上演の「ニッポン・サポート・センター」以来2年ぶりの新作。高橋源一郎の同名小説を大胆に改編し、「文学とは何か」「人はなぜ文学を欲するのか」といった命題に迫る。作中には夏目漱石、二葉亭四迷、森鴎外、田山花袋、石川啄木、樋口一葉、与謝野晶子といった文豪が登場。明治の若者たちの“蒼い恍惚”と苦悩を描く青春群像劇だ。

出演者には山内健司松田弘子志賀廣太郎永井秀樹ら青年団のメンバーが名を連ねている。

青年団 第79回公演「日本文学盛衰史」

2018年6月7日(木)~7月9日(月)
東京都 吉祥寺シアター

原作:高橋源一郎
作・演出:平田オリザ
出演:山内健司松田弘子志賀廣太郎永井秀樹、小林智、兵藤公美島田曜蔵能島瑞穂大塚洋鈴木智香子、田原礼子、大竹直村井まどか山本雅幸河村竜也長野海堀夏子村田牧子木引優子小瀧万梨子、富田真喜、緑川史絵、佐藤滋、藤松祥子

ステージナタリーをフォロー