ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

柄本明演出、唐組×東京乾電池「嗤うカナブン」はハードボイルドノワールコメディ

134

唐組×東京乾電池「嗤うカナブン」稽古の様子。

唐組×東京乾電池「嗤うカナブン」稽古の様子。

唐組劇団東京乾電池がコラボレーションする新作の詳細が発表された。

タイトルは「嗤うカナブン」。黒社会に生きる6人の男たちの姿が描かれる。ある日、彼らの過去を暴くと脅迫する“カナブン”と名乗る人物が現れ……。川村毅が脚本を書き下ろし、東京乾電池の柄本明が演出を担当。フィルムノワールなどへのオマージュに満ちた“ハードボイルド・ノワール・コメディ”が展開する。

公演は2月7日から14日まで東京のザ・スズナリにて。唐組からは久保井研辻孝彦稲荷卓央、東京乾電池からは谷川昭一朗戸辺俊介伊東潤が出演する。なお本作は第28回下北沢演劇祭参加作品となっている。

唐組×東京乾電池「嗤うカナブン」

2018年2月7日(水)~14日(水)
東京都 ザ・スズナリ

作:川村毅
演出:柄本明
出演:久保井研辻孝彦稲荷卓央 / 谷川昭一朗戸辺俊介伊東潤

ステージナタリーをフォロー