ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

亡き青井陽治に捧ぐ、尾上右近×松井玲奈「ラヴ・レターズ」藤田俊太郎が感慨

161

PARCO Produce「『ラヴ・レターズ』~青井陽治追悼公演~」より。(撮影:加藤幸広)

PARCO Produce「『ラヴ・レターズ』~青井陽治追悼公演~」より。(撮影:加藤幸広)

「『ラヴ・レターズ』~青井陽治追悼公演~」が、昨日12月17日に東京・EX THEATER ROPPONGIで上演された。

「ラヴ・レターズ」は、今年2017年9月にこの世を去った青井陽治翻訳・演出により、1990年から上演されてきた朗読劇。互いを意識しながらも別々の道を選んだ幼なじみの男女が、やがて再会を果たし、激しく惹かれ合うさまが描かれる。青井の追悼公演として企画された今作には、青井がキャスティングした尾上右近松井玲奈の2人が出演。また演出を藤田俊太郎が手がけた。

本番前に行われた囲み取材には、右近、松井、藤田の3人が出席。初共演となる松井の印象について、右近は「すごく清潔感がある方。僕を受け止めてくれる方だなと思っています」と語り、「2人が作る空気を最高点まで持って行くことが楽しみ」と抱負を述べる。

一方、松井は「1回きりの公演だからこそ感覚を研ぎ澄まして、2人の空気感だったり、会場の雰囲気だったりを楽しみながら臨みたいなと思います」とコメント。また演出の藤田は「この舞台に会えたことは奇跡だと思っています」と胸中を明かし、出演者の2人を「すがすがしく、勢いがある。俳優として“ノッている”、とてもいい時期にいるなと思います」と評した。

PARCO Produce「『ラヴ・レターズ』~青井陽治追悼公演~」

2017年12月17日(日)※公演終了
東京都 EX THEATER ROPPONGI

作:A.R.ガーニー
翻訳:青井陽治
演出:藤田俊太郎
出演:尾上右近松井玲奈

ステージナタリーをフォロー