ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

伊藤マサミが創る“薔薇と銃の日々”「ROSE GUNS DAYS」開幕、season3上演も

626

進戯団夢命クラシックス×07th Expansion vol.3「ROSE GUNS DAYS-season2-」より。

進戯団夢命クラシックス×07th Expansion vol.3「ROSE GUNS DAYS-season2-」より。

進戯団夢命クラシックス×07th Expansion vol.3「ROSE GUNS DAYS-season2-」が、昨日12月6日に神奈川・ラゾーナ川崎プラザソルにて開幕した。

竜騎士07による“ハードボイルドアクションノベルゲーム”「ROSE GUNS DAYS」を、伊藤マサミ率いる進戯団夢命クラシックスが舞台化した本作。今回は、昨年2016年9月に上演された「-season1-」の続編となる。

初日を終えた伊藤は「この日を誰よりも楽しみにしていたのは自分かもしれない。と、思えるほど、思いを注いできました」「全員で創る薔薇と銃の日々。日曜日まで全力で駆け抜けますので、どうぞ応援のほど、お願いいたします!」とコメントを寄せている。

上演時間は2時間40分。公演は12月10日まで。なお完売だった12月9日公演の増席分チケットが、本日12月7日24:00に発売される。また「ROSE GUNS DAYS-season3-」の上演も決定。アラン・新巻役を神里優希、キース・如月役を辻諒が務める。公演は2018年3月7日から11日まで東京・シアターサンモールにて。

伊藤マサミ コメント

ついに、僕にとっても念願のseason 2の幕が上がりました。この日を誰よりも楽しみにしていたのは自分かもしれない。と、思えるほど、思いを注いできました。
きっとこんな気持ちを役者の誰もが思っていて、全員で足並みを揃えて発進できる。
ローステはそんな現場です。
架空の戦後東京。しかし、妙にリアリティを感じるのは、原作の完成度もさることながら、役者一人一人の魂の入れ方が尋常ではないからです。
だからこそ、演技というよりは、現実を覗き混むような印象を受けていただけると思います。
全員で創る薔薇と銃の日々。
日曜日まで全力で駆け抜けますので、どうぞ応援のほど、お願いいたします!

進戯団夢命クラシックス×07th Expansion vol.3「ROSE GUNS DAYS-season2-」

2017年12月6日(水)~10日(日)
神奈川県 ラゾーナ川崎プラザソル

原作:竜騎士07
脚色・演出:伊藤マサミ

キャスト

オリバー・織部:西野太盛
ラプンツェル:澤田真里愛
ニーナ・蜷木:藤本結衣
チャールズ・茶谷:原野正章

ローズ・灰原:茜屋日海夏
ウェイン・上寺 / 上寺虎継:石渡真修
リチャード・舞扇:伊藤マサミ
ステラ・舞扇:舞原鈴
サイラス・斎村:鎌田秀勝
クローディア・黒崎:かおりかりん

王元洪:塚本拓弥
李梅九:村上健斗
小蘭:柴田茉莉
フィリップ・バトラー:豊田幸樹

林原樹里:滑川恭子
マダム・ジャンヌ:八隅早苗

オリビア:山田せいら
マライア:窪田ゆうり
シザーリオ:矢澤梨央

アンサンブル:林田寛之、望月祐治、儀間裕士、高島大輝、加納義広、小川恭平、木村一也、駒江由香、紫音、瑠香

ほか

ステージナタリーをフォロー