ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

結城座「雀去冬来」ライブ映像×人形芝居に初挑戦、ワン・チョンとタッグ

51

江戸糸あやつり人形 結城座「雀去冬来」が、11月30日から12月3日まで東京・座・高円寺2にて上演される。

約380年の歴史を持つ結城座が初めてライブ映像を使った人形芝居に挑戦する本作。演出に中国のワン・チョンを迎え、ワンが率いる薪伝実験劇団の座付き作家ザオ・ビンハオが脚本を担当、串田和美が人形美術を手がける。

本作は老人ホームを舞台とした群像劇で、介護士で前科2犯の過去を持つ小林、自分をウサギだと思い込む少女・チリレンカなどの姿が描かれる。なお客演には、十二代目結城孫三郎、結城育子、結城数馬、岡泉名、湯本アキが出演し、温泉ドラゴン阪本篤が名を連ねている。

江戸糸あやつり人形 結城座「雀去冬来」

2017年11月30日(木)~12月3日(日)
東京都 座・高円寺2

脚本:ザオ・ビンハオ
構成・演出:ワン・チョン
人形美術:串田和美
出演:十二代目結城孫三郎、結城育子、結城数馬、岡泉名、湯本アキ / 阪本篤

ステージナタリーをフォロー