ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

すべての街がこれから直面することが多摩ニュータウンに?“街”を描く「たまたま」

83

「多摩ニュータウン×演劇プロジェクト『たまたま』」が8月4日から6日まで東京・パルテノン多摩 小ホールにて上演される。

東京・多摩ニュータウン住民の証言と市民ワークショップをもとに“街”を描く本作。ミナモザの瀬戸山美咲が作・演出を手がけ、出演者には町田マリー、ゴジゲンの目次立樹、DULL-COLORED POPの大原研二や、多摩市在住の浅井要美、出身の亀島一徳、吉田能ら多摩にゆかりのある面々も名を連ねた。

多摩ニュータウンは1965年から2006年までの約40年にわたって開発された、日本最大規模の広さを誇る都市。現在の人口は約20万人とピーク時より減少し、新たな街の形を模索する局面を迎えている。上演にあたり瀬戸山は「多摩ニュータウンのあとも日本中にニュータウンができました。そのすべての街がこれから直面することが、多摩で起きています。多摩ニュータウンのこれからの想像することが、日本中の街のことを想像することにもつながります」とコメントを寄せている。

なお本公演に携わる「市民スタッフ」を現在募集中だ。詳細は公式サイトで確認を。

「多摩ニュータウン×演劇プロジェクト『たまたま』」

2017年8月4日(金)~6日(日)
東京都 パルテノン多摩 小ホール

作・演出:瀬戸山美咲
出演:浅井要美、浅倉洋介、石田迪子、大原研二、亀島一徳小林あや、とみやまあゆみ、中田顕史郎、前原麻希、町田マリー、まりあ、目次立樹山中志歩山森大輔、吉田能、ワタナベミノリ

ステージナタリーをフォロー