ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

中村蓉の小説原案コンテンポラリーダンス公演、安吾と清張

45

中村蓉 小説原案コンテンポラリーダンス公演「ノベルの衝動」チラシ表

中村蓉 小説原案コンテンポラリーダンス公演「ノベルの衝動」チラシ表

中村蓉「ノベルの衝動」が、7月29・30日に東京・神楽坂セッションハウスにて上演される。

“小説原案コンテンポラリーダンス公演”と銘打ち、ダンサーの中村が坂口安吾の「桜の森の満開の下」と松本清張の「顔」を原案とした作品を立ち上げる。「桜ノ森ノ満開ノ下デ」は2月に上演されたデュオ作品。中村自身は出演せず、振付・演出に徹している。「顔」は、2015年に創作され、昨年2016年に北九州でも上演されたソロ作品。いずれも名作小説を原案にしているだけに期待が高まる。

中村蓉 小説原案コンテンポラリーダンス公演「ノベルの衝動」

2017年7月29日(土)・30日(日)
東京都 神楽坂セッションハウス

「桜ノ森ノ満開ノ下デ」

原案:坂口安吾「桜の森の満開の下」
振付・構成:中村蓉
出演:内田恭太 花井瑠奈

「顔」

原案:松本清張「顔」
振付・構成・出演:中村蓉

ステージナタリーをフォロー