ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宮木あや子原作「野良女」開幕、佐津川愛美&芹那らそれぞれの思い語る

61

「野良女」ゲネプロより。

「野良女」ゲネプロより。

「野良女」が、昨日4月5日に東京・シアターサンモールにて開幕した。

宮木あや子の同名小説を原作とした本作は、アラサー独身女性5人の日常と葛藤を描いた物語。脚本を趣向のオノマリコ、演出を文学座の稲葉賀恵が務め、キャストには、主人公・鑓水を演じる佐津川愛美のほか、芹那沢井美優深谷美歩菊地美香、池田倫太朗が名を連ねた。また劇団鹿殺しのオレノグラフィティが音楽を担当する。

上演にあたって佐津川は「皆でつくり上げてきただけに良いものができると実感しています」と手応えを見せ、芹那は「30年生きてきた自分たちのまま演じていけたらと思います」と意気込みを語った。公演は4月9日まで。

佐津川愛美コメント

初日を迎えまだまだ不安要素でいっぱいですが、皆でつくり上げてきただけに良いものができると実感しています。キャストのチームワークも良く、ひとりでイライラすることがあっても皆でイライラすることはありませんでした。2か月間の稽古を経て、今、なんでもアラサーのせいにしてしまう自分がいます。エネルギー出して演じようと思います。

芹那コメント

野良女の稽古期間中(プライベートで)アラサーの集いがいくつかあって、舞台に重なるなと感じていました。本当は黙々とやりたいダンスレッスンが中々進まないくらい、楽しく稽古に取り組んできました。30年生きてきた自分たちのまま演じていけたらと思います。

沢井美優コメント

(メインキャストの)5人で普段話す内容も、劇中の内容も、グサッと来たり、でも励ましになったりする話題ばかりです。自分自身、稽古をする中で「がんばろう」と思わされることが沢山ありました。皆さんにも、是非そういうふうにこの舞台を見ていただけたらと思います。

深谷美歩コメント

パンチを効かせた芝居を見せます。攻めて、攻めて、攻めまくります。それぞれの男性像が思い浮かぶような、そんなお芝居にします。

菊地美香コメント

(芹那のコメントに涙を浮かべながら)涙もろいのもアラサーの証拠かなと感じます。女優人生をかけて飛び込んだものの、恥ずかしい所は沢山あって、それらを皆でさらけ出し、ぶつけ合って今日を迎えることができました。限りなく「見せる」芝居になっています。体当たりで挑もうと思います。

「野良女」

2017年4月5日(水)~9日(日)
東京都 シアターサンモール

脚本:オノマリコ
演出:稲葉賀恵
音楽:オレノグラフィティ
出演:佐津川愛美芹那沢井美優深谷美歩菊地美香、池田倫太朗

ステージナタリーをフォロー