ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「さらば俺たち賞金稼ぎ団」に斉藤秀翼、森高愛、丸山敦史が意気込み

419

2月に上演される「舞台『さらば俺たち賞金稼ぎ団』」のメインビジュアルが公開された。

またこのたび斉藤秀翼森高愛丸山敦史の3名からコメントが到着。上演にあたって斉藤は「不思議なもので、このシリーズにはすごく安心感があるんですね」と、共にスーパー戦隊シリーズの歴史を作ってきた出演者たちに思いを寄せ、「寒い時期の上演になりますが、みなさんの心と体をあたためることができるはずなので、ぜひご覧になってください」とファンにメッセージを送った。

また森高は「まばたきできないぐらい、最初から最後まで面白さが詰まっているので、楽しんでいただければうれしいです」とコメント。丸山は「今回は『劇団バズーカ』結成以来、最大の危機ということで……。タイトルにも『さらば』と入っているように、ちょっと大変なことになります」と明かし、「新たに登場する『劇団ブルース』に負けないよう、がんばりますよ!」と意欲を見せた。

2015年に上演された「舞台『俺たち賞金稼ぎ団』」の続編となる本作は、「劇団バズーカ」と「劇団ブルース」による“スーパー芝居大戦”を描いた物語。公演は2月16日から22日まで東京・シアター1010にて行われ、キャストには斉藤、森高、丸山のほか、鈴木勝吾馬場良馬中村嘉惟人金城大和聡太郎平牧仁林剛史富田翔らが名を連ねている。チケットの一般販売は1月15日にスタート。

斉藤秀翼コメント

映画、舞台の1作目と来て、今回が「俺たち賞金稼ぎ団」としてはトータルで3作目になります。まさか続きがやれるなんて思っていなかったので、正直ビックリしましたけど(笑)、とてもうれしかったです。不思議なもので、このシリーズにはすごく安心感があるんですね。みんな、長いスーパー戦隊シリーズの歴史を作ってきた「仲間」でしょう。だから、初めてご一緒するキャストであっても、同じ経験をしてきたということで、最初から信頼できるんです。だから演じている側も楽しいし、結果として作品も面白くなっているんじゃないでしょうか。今回も寒い時期の上演になりますが、みなさんの心と体をあたためることができるはずなので、ぜひご覧になってください。

森高愛コメント

前作に続いて出演させていただくことになりました。いわゆる「腐女子」の役を演じたんですけど、ご覧になった方からは、かなり大きな反響がありましたね(笑)。自分自身にとってもチャレンジだったんですが、今回も引き続き、キャラの濃い桃瀬仁依菜をがんばって演じたいと思っています。もちろん、わたしだけじゃなく、全員のキャラが濃いのがこのシリーズの特徴。まばたきできないぐらい、最初から最後まで面白さが詰まっているので、楽しんでいただければうれしいです。そして、カッコ良くてキレイな男性がたくさん出てくるのが、なんといっても見どころだと思います。帰り道にはぜひ、桃瀬みたいに妄想してください(笑)。

丸山敦史コメント

思えば「獣電戦隊キョウリュウジャー」のメンバー全員で始まった、この「俺たち賞金稼ぎ団」シリーズですが、歴代のスーパー戦隊のキャストの方々を巻き込んで、いよいよ(映画も含めて)3作目となりました。今回は「劇団バズーカ」結成以来、最大の危機ということで……。タイトルにも「さらば」と入っているように、ちょっと大変なことになります。僕が演じる座長の金原も、いつもとは違う感じみたいですね。いったい何が起こるのか、前作までをご覧になった方は、必ずシアター1010で確認してください。そして、個人的には、年上の方や同世代のキャストが増えたことも楽しみのひとつです。新たに登場する「劇団ブルース」に負けないよう、がんばりますよ!

TOEI HERO NEXT ステージ「舞台『さらば俺たち賞金稼ぎ団』」

2017年2月16日(木)~22日(水)
東京都 シアター1010

演出:きだつよし
脚本:酒井善史
出演:鈴木勝吾斉藤秀翼馬場良馬森高愛中村嘉惟人金城大和丸山敦史聡太郎平牧仁林剛史富田翔 ほか

(c)2017 THNS

ステージナタリーをフォロー