ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

三谷幸喜の新作「エノケソ一代記」明日開幕、猿之助&羊「可笑しく悲しい物語」

233

「エノケソ一代記」より。(撮影:加藤孝)

「エノケソ一代記」より。(撮影:加藤孝)

三谷幸喜が作・演出を手がける「エノケソ一代記」が、明日11月27日に東京・世田谷パブリックシアターにて開幕する。

NHK大河ドラマ「真田丸」後、三谷が初めて手がける戯曲となる本作。昭和の喜劇王“エノケン”こと榎本健一に憧れた無名の喜劇役者・エノケソと、その妻との悲喜こもごもが描かれる。エノケソ役には市川猿之助、その妻役には吉田羊がキャスティング。さらに三谷も、1992年の自作「Vamp Show」以来、俳優として舞台に出演し、榎本と同時期に活躍した古川ロッパ役を務める。

開幕に際して、三谷は「大河ドラマで一年間、エンターテイメントとは何かを勉強しました。その成果が出せるといいな、と思っています」とコメント。猿之助は「実際のエノケンさんの人生と密接にリンクしながら、偽者『エノケソ』の物語が展開していきます。笑いだけではない、人間の悲哀が感じられる芝居です」と語り、吉田も「本物に近づくために、どんどんエスカレートしていく男と、彼を必死で支える妻の姿は、可笑しくて悲しいけれど、愛おしくチャーミング。お客様にもきっと楽しんでいただける魅力的な人物たちです」と続き、作品の魅力をアピールした。公演は12月26日まで。

三谷幸喜コメント

久しぶりの舞台です。大河ドラマで一年間、エンターテイメントとは何かを勉強しました。
その成果が出せるといいな、と思っています。 泣いて笑って泣ける、人情喜劇。
喜劇王エノケンのニセモノを、本物の天才猿之助さんが演じます。
僕も「古川ロッパ」役で、少しだけ出ます。見所満載、いや、見所しかない舞台です。お楽しみに。

市川猿之助コメント

当初、エノケンさんを演じるのかと思っていたら、よく見たら「ソ」になっていて、本気でプリントミスだと思いましたよ、このタイトル(笑)。でも、そこが三谷さんらしいところで、読み進めると、実際のエノケンさんの人生と密接にリンクしながら、偽者「エノケソ」の物語が展開していきます。笑いだけではない、人間の悲哀が感じられる芝居です。今回、「役者・三谷幸喜」と一緒のいい場面があります。僕自身、どうなるか楽しみですが、まずは、お客様に楽しんでいただかないと。
毎回新鮮な舞台をお届けしたいと思っています。

吉田羊コメント

この作品は、最近の三谷さんの作風にも通じる「可笑しさと哀しさは表裏一体」という感覚が、益々強くなっている芝居だと思いました。本物に近づくために、どんどんエスカレートしていく男と、彼を必死で支える妻の姿は、可笑しくて悲しいけれど、愛おしくチャーミング。お客様にもきっと楽しんでいただける魅力的な人物たちです。何よりも、猿之助さんが圧倒的で、その演技を間近で目撃できる贅沢さを味わいながら、妻役に取り組んでいます。そして、役者・三谷さんですが、作家の特権で台詞が日替わりの創作にならないことを祈るばかり(笑)。でも、これもライブならではの醍醐味でしょうか。

「エノケソ一代記」

2016年11月27日(日)~12月26日(月)
東京都 世田谷パブリックシアター

作・演出:三谷幸喜
出演:市川猿之助吉田羊浅野和之山中崇水上京香春海四方、三谷幸喜

ステージナタリーをフォロー