ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

勝田演劇事務所が挑む”流血残酷悲劇”「タイタス・アンドロニカス」

27

勝田演劇事務所のプロデュース公演「シェイクスピア流血残酷悲劇『タイタス・アンドロニカス』」が、11月23日から28日まで東京・d-倉庫にて上演される。

ミュージカル、ストレートプレイの翻訳・演出を手がける勝田安彦が主催する勝田演劇事務所。26度目の公演に選んだ演目は、シェイクスピアの血で血を洗う復讐劇「タイタス・アンドロニカス」だ。上演に際し勝田は、「過去に描かれた寓話としてではなく、今日を生きる我々の物語として捉え、現代的な解釈によりリアルな話として描きたい」と企画意図を語っている。

出演には若松武史をはじめ、村松恭子吉田侑生、笠木誠、二瓶鮫一岩戸秀年須田真魚らが名を連ねた。

勝田演劇事務所プロデュースNo.26「シェイクスピア流血残酷悲劇『タイタス・アンドロニカス』」

2016年11月23日(水・祝)~28日(月)
東京都 d-倉庫

作:ウィリアム・シェイクスピア
訳:小田島雄志
演出:小笠原響
出演:若松武史村松恭子吉田侑生、笠木誠、二瓶鮫一岩戸秀年須田真魚、吉田直子、牛水里美、北川能功、南風佳子、宮下泰幸、森下庸之、立花弘行、南智章、上田晃之、江頭一馬、岩崎浩太郎

ステージナタリーをフォロー