ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ロロいつ高、新作「すれちがう、渡り廊下の距離って」に篠崎大悟、大村わたる

118

ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.3「すれちがう、渡り廊下の距離って」チラシ (c)西村ツチカ

ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.3「すれちがう、渡り廊下の距離って」チラシ (c)西村ツチカ

「すれちがう、渡り廊下の距離って」が、11月10日から20日まで神奈川・STスポットにて上演される。

三浦直之率いるロロが全国高等学校演劇コンクールの出場ルールに則り、10分間の仕込み公開&上演時間60分以内で上演してきた「ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校」、通称いつ高シリーズ。その第3弾となる本作では、シリーズを通してのテーマ「まなざし」を軸に、太郎(篠崎大悟)、楽(大石将弘)、白子(大場みなみ)、点滅(大村わたる)の4人が描かれる。

チラシイラストは、過去2作から引き続き、マンガ家の西村ツチカが手がけた。なお本公演は高校生観劇無料となっており、特設サイトでは過去作の戯曲と写真が公開されている。チケットは9月25日10:00発売。

ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.3「すれちがう、渡り廊下の距離って」

2016年11月10日(木)~20日(日)
神奈川県 STスポット

脚本・演出:三浦直之
出演:篠崎大悟、大石将弘、大場みなみ大村わたる

ステージナタリーをフォロー