ロロいつ高、新キャラにままごと・端田新菜「本がまくらじゃ冬眠できない」

131

ロロ「本がまくらじゃ冬眠できない」が、11月17日から26日まで東京・早稲田小劇場どらま館で上演される。

ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.3「すれちがう、渡り廊下の距離って」より。左から大石将弘演じる楽、篠崎大悟演じる太郎。(撮影:三上ナツコ)

ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.3「すれちがう、渡り廊下の距離って」より。左から大石将弘演じる楽、篠崎大悟演じる太郎。(撮影:三上ナツコ)

大きなサイズで見る(全2件)

ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.3「すれちがう、渡り廊下の距離って」より。左から大石将弘演じる楽、篠崎大悟演じる太郎、大村わたる演じる点滅。(撮影:三上ナツコ)

ロロが高校生に捧げる新シリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.3「すれちがう、渡り廊下の距離って」より。左から大石将弘演じる楽、篠崎大悟演じる太郎、大村わたる演じる点滅。(撮影:三上ナツコ)[拡大]

本作は、三浦直之が脚本・演出を手がける「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校」、通称“いつ高”シリーズの最新作。今回はままごと / ナイロン100℃大石将弘演じる楽、島田桃子演じる朝、篠崎大悟演じる太郎が登場し、新キャラクター・海荷の妹役にままごと / 青年団端田新菜を迎える。

楽と朝のカップル、そして海荷の妹と海荷の元彼である太郎に何が起きるのか、ファンは楽しみに待とう。

この記事の画像(全2件)

ロロが高校生に捧げるシリーズ いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校 vol.7「本がまくらじゃ冬眠できない」

2018年11月17日(土)~26日(月)
東京都 早稲田小劇場どらま館

脚本・演出:三浦直之
出演:篠崎大悟島田桃子大石将弘端田新菜

全文を表示

関連記事

ロロのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ロロ / 三浦直之 / 端田新菜 / 篠崎大悟 / 島田桃子 / 大石将弘 / ナイロン100℃ / ままごと / 青年団 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします